Love

突然「30分後に友達つれて帰るわ」と夫。産後の妻が夫を怒鳴りつける瞬間

30分って……片付けも何もできないじゃない!

 裕美さんは、部屋を見渡します。シンクには洗い物が溜まり、バルコニーには自分の下着が干してある。鏡を見るとすっぴんで髪はぼさぼさ、洋服はよれよれの部屋着です。 「30分って……片付けも何もできないじゃない!」 赤ちゃん 途方に暮れているところで赤ちゃんがぐずりだしてしまいました。抱っこをしながらでは洋服を着替えることもできません。散らかっているものをクローゼットに押し込みながら、次第に泣きそうになってきました。  女性にとって、散らかった部屋を家族以外の人に見られるのは恥ずかしく、ストレスにすら感じます。夫の友人には良い妻であるところを見せたいのに、「家事ができない妻」と思われるのは男性の想像以上に大きなストレスなのです。  それなのに、身なりを整える時間も与えられず、部屋を片付けてもてなす準備をする余裕もなく、夫の友人を迎える羽目になったら……?

フルーツの手土産はありがたい。でも、むくのは私

 裕美さんは子どもをおぶって化粧を簡単に済ませ、シンクには洗い物が溜まった状態のまま、30分後を迎えてしまいました。  友人と帰ってきた隆さんは家に帰るなり「ごめんな! 散らかってるけど」と友人に声をかけます。友人は「すみません。突然お邪魔しちゃって。良かったらこれどうぞ」とフルーツを手渡してくれました。  裕美さんは「ありがとうございます」と笑顔で応じましたが、このフルーツの皮をむいて切って出すのも裕美さんです。お皿を出して皮をむいていると、ようやく眠ってくれた赤ちゃんは、隆さんと友人にのぞき込まれて、ふえふえと声を上げています。 フルーツ「フルーツ、どうぞ」  テーブルにお皿を置く裕美さんの表情は硬く、さすがの友人も雰囲気を察しました。フルーツを一口、二口と食べると「竹下、あんまり長居すると悪いから、そろそろ帰るよ」と早々に帰宅しようとします。 「なんだよ。せっかく来たんだからもっとゆっくりしていけよ」  事態に気がついていないのは隆さんただ一人。 「裕美さん、じゃあまた」  そそくさと帰っていく友人を見送り、隆さんはトドメの一言を発しました。 「まあ、他人の家じゃなかなか落ち着かないよな」  その瞬間、裕美さんの怒りは沸点に達します。
次のページ 
ついに妻の怒りが爆発
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ