Lifestyle

パチスロ狂の彼氏、あいそがつきた記念日の出来事とは?

誕生日祝いよりパチスロを優先された!

 それは綾音さんの誕生日でのこと。当初、その日はいつものようにパチンコホールに直行せず、仕事が終わったら彼女の家に来てくれることになっていました。  ところが、夜7時過ぎに「少し遅れる」とのLINEが入り、彼がようやく家に来たのは10時過ぎ。しかも、遅れたことを詫びずに「軽く打つ程度でやめるつもりが出続けちゃってさ」と悪びれる様子もなく言ってきたそうです。 パチスロ好きの彼氏「1時間経っても来なかった時点で察しはつきました。ひどかったのは、3時間以上遅れて謝りもしなかったことに対して文句を言うと、『じゃあ、途中でやめろって言うのかよ!』って逆ギレしてきたんです。   この日は打ちに行かないって約束していたのに、あまりに身勝手な言い草に私もキレて、そのまま彼氏を家から追い出しました」

別れを伝え、スッキリ

 その後、別れのメッセージを送り、二度と会わないようにしたとか。彼から何度も謝罪のメッセージを送ってきたそうですが、既読スルーしているうちに諦めたのか連絡が来なくなったといいます。 「けど、最後がひどい別れ方だったため、引きずらずに済んだのは良かったと思っています。そこだけは感謝ですね(笑)」  ギャンブルについては拒否反応を示す女性も多く、容認派でも無条件で認めているわけではないことも多いようです。男性も将来を考えている相手がいるのなら節度を守り、常識的な範囲で遊んでもらいたいものです。 【他の記事を読む】⇒シリーズ「クズ男ダメ男エピソード」一覧はこちら <文/トシタカマサ イラスト/とあるアラ子> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
トシタカマサ
一般男女のスカッと話やトンデモエピソードが大好物で、日夜収集に励んでいる。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ