Love

夫が亡くなって前妻と初対面。接してみて180度変わった印象

過去の話で夫の人生が立体的に

過去の話で夫の人生が立体的に ほかにも、ケンカした話や浮気未遂を取り押さえたときの話など、私が知っている夫とは違う一面がたくさん知れて、とても刺激的。タイミング的に私が夫の最期を看取ったことになったので、なんだか夫の人生を知った気でいましたが、実は全然知らなかったのだなと改めて実感しました。  死してなお夫の新しい面がわかり、夫の人生の新しいパズルピースをはめ込めたような、夫の姿が平面から立体になったような不思議な感覚。なんだか一瞬夫が生き返ってきたような気持ちになりました。

違う立場でも同志のよう

 さらにポロリと彼女が漏らした言葉で印象的だったのは「いろいろあったけど、死んじゃうと憎しみもなくなるし、綺麗な思い出になってるんだよね」という一言。今、子どもたちが進路や人生に迷うときに「パパなら何て言うかな」と会話をよくするそうです。  私とは違う立場だけれど、この人も夫の死に対して考えたり思いをはせたりしているのだ、と思うと、なんだか同志のよう。「一人じゃないんだ」と安心感を覚えていました。  不思議な縁ではありますが、この結びつきは私にまた新しい発見を与えてくれました。これからも、彼女とはなんらかの交流を続けていけたらと思っています。もしかすると、天国の夫は苦虫をつぶしたような顔をしているかもしれませんが(笑)。 ―シリーズ「私と夫の1063日」― <文/関由佳>
関由佳
筆跡アナリストで心理カウンセラー、カラーセラピストの資格も持つ。 芸能人の筆跡分析のコラムを執筆し、『村上マヨネーズのツッコませて頂きます!』(関西テレビ)などのテレビ出演も。 夫との死別経験から、現在グリーフ専門士の資格を習得中。 Twitterブログ
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ