Gourmet
Beauty

幸せになる腸活レシピ。サケの切り身ほか、いつもの食材でできる

☆鮭と野菜の味噌蒸し

 特別な食材は不要、でも見栄えも栄養も満点、しかも時短でできて低カロリー。時短や手抜きがテーマではありません。れっきとした腸活&美肌&疲労回復レシピです。
☆鮭と野菜の味噌蒸し

『体の中からきれいになる食べ方』(宝島社)

材料(2人分) 鮭(切り身)   2切れ たまねぎ(くし切り)   100g しめじ(石づきを取って小房に分ける)50g キャベツ(一口大に切る)   50g にんじん(いちょう切り)   30g A しょうが(すりおろし)   1/2かけ 味噌   大さじ1 酒   大さじ1 青ねぎ(小口切り)   1本

作り方

1. 鮭は塩(分量外)をふって数分おく。Aは混ぜておく。 2. 鍋に水大さじ2、たまねぎ、しめじ、キャベツ、にんじんを入れて塩ひとつまみをふり、蓋をしてたまねぎがしんなりするまで弱火で蒸し煮にする。 3. キッチンペーパーで鮭の水分を拭き、1切れを3~4等分に切って2に加え、片面が白く色が変わるまで弱火にかける。 4. Aを回しかけて落し蓋をし、数分火にかけて味をなじませる。 5. 火を止めてざっくり混ぜたら器に盛り、青ねぎをちらす。  こちらなんと1人分160カロリー。鮭に含まれるアスタキサンチンは抗酸化作用に優れ、その威力はビタミンCの6000倍ともいわれています。暑さと日差しで疲れた肌に、クーラー冷えのお腹に、労わりの一皿はいかが。
次のページ 
食感も楽しい、にぎやかサラダ
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ