Love

自称Aカップの地味な30代が、スタイル美人になって結婚。一体何が?

下着を変えたらスタイルも姿勢も別人に

 愛子さんに話を戻します。洗い替えも含めて下着を購入しました。サイズの合った下着を着けるだけで同じ服でもバストの位置が上がって、今までと全く違う、スタイルの良い大人の女性に見えるようになったのです。 職場 女性 写真も撮りなおし、お見合いの承諾率も申込数もぐっと上がりました。  職場でも、同僚からの対応が変わったそうです。愛子さんはもともと男性が多いIT企業に勤務していました。 「出張に行った同僚のお土産のグレードが上がり、高級ワインやおしゃれなお菓子に変わりました。他に、ドアを開けてくれるなど親切にされることが増えたんです」  その結果、なんと愛子さんは新卒からずっと一緒に働いている会社の同僚とお付き合いが始まり、結婚することになったのです。

出会いがないのではなく「女」扱いされていないだけ

「出会いがない。会社にはいい男がいないと思っていましたけど、振り返ったらひどい女でした。私が女にカウントされていなかったんですね。  あれから下着は毎回採寸して買うようになりました。前はサイズも適当だし、ブラジャーを洗濯機で普通コースで洗っていましたが、ちゃんと手洗いするようになりました」  職場でどんどんキレイになっていく愛子さんはおそらく注目の的だったのでしょう。  ドキッとした方、下着を確認してみてください。男性に興味を持ってもらいたいと思いながら、自分の体に興味を持っていないようではだめですよ。 ※個人が特定されないよう一部脚色してあります。 【他の記事を読む】⇒連載「私が結婚できないワケ」の記事一覧はこちらへどうぞ <取材・文/菊乃>
菊乃
恋愛・婚活コンサルタント、コラムニスト。29歳まで手抜きと個性を取り違えていたダメ女。低レベルからの女磨き、婚活を綴ったブログが「分かりやすい」と人気になり独立。ご相談にくる方の約4割は一度も交際経験がない女性。著書「あなたの『そこ』がもったいない。」他4冊。Twitter:@koakumamt
1
2
3
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ