Gourmet

最強の共働きごはん「生ハムユッケ丼」の作り方。2人分で322円ナリ

パパッとできる「生ハムユッケ丼」

 残業、深夜帰宅、疲労困憊。食事なんか作る余裕がない状況が、ふたりで重なってしまったら……。これぞ共働きあるある事情。パパッと準備ができて、栄養たっぷりで、ご褒美感もある一品をおしえてもらいました。 ヘトヘトでもなんとか作れる「生ハムユッケ丼」【材料(2人前 合計322円)】 生ハム   120g(252円) きゅうり   1本(40円) Aコチュジャン   大さじ1  ごま油   大さじ1 温かいごはん   茶碗2杯分 すし酢   大さじ4(1人分大さじ2) 卵黄   2個分(30円) 白ごま   適量

作り方

1 きゅうりはヘタを切り落として千切りに、生ハムは1枚ずつはがしてひと口大に手でちぎる。 2 1にAを混ぜ合わせる。 3 器にごはんをよそいすし酢を混ぜ合わせ、2を全体に、卵黄を真ん中にのせ、白ごまをふりかける。  ふたりは業務スーパーや八百屋を利用していますが、通常のスーパーでも生ハムの切れ端が安価で買えますよね。生ハムが食卓に登場するだけでなんとなく豪華なのに、こちらは1人分たったの161円! 私も作ってみましたが、時短料理なのに手抜き料理には見えません。ひんやりと口あたりもいいので、暑い夏にもピッタリです。
次のページ 
優しいものが食べたい日は「ブロッコリーの豆腐グラタン」
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ