Gourmet

最強の共働きごはん「生ハムユッケ丼」の作り方。2人分で322円ナリ

優しいものが食べたい日は「ブロッコリーの豆腐グラタン」

 慌ただしい平日を終え、のんびりと身体を労わりたい休日。簡単ヘルシー、お豆腐たっぷりなグラタンはいかが。 ゆっくり身体を労わる「ブロッコリーの豆腐グラタン」【材料(2人前 合計209円)】 絹ごし豆腐   2丁(600g)(52円) 冷凍ブロッコリー   150g(45円) 合わせみそ   大さじ2 マヨネーズ   大さじ4 ピザ用チーズ   160g(112円) 乾燥パセリ   適量

作り方

1 ボウルに水切りした豆腐、合わせみそ、マヨネーズを入れて混ぜる。 2 冷凍ブロッコリーを表示通りに解凍する。 3 耐熱容器に1を入れてブロッコリーを盛りつけ、ピザ用チーズをかけて、トースターで5~10分、チーズが溶けて焦げ目がつくまで加熱する。仕上げに乾燥パセリをふる。  マヨネーズのコクはありつつ、みそが入っているのでほんのり和風。ボリューム満点ですが、メインの食材がお豆腐なので胃にもたれません。低カロリーで高たんぱく、チーズの香ばしさに食指が動きますよ。

あきのこない、ふたりの関係性

 ふたりの呼び名が彼氏と彼女ではなく、おにいさんとおねえさんであるように、本書に甘ったるい恋の香りはしません。ページからただようのは穏やかな愛と信頼感。みずみずしいのにベタベタしていない、毎日食べても飽きのこない料理のような、理想の男女関係までが見えてくるのです。 ―小説家・森美樹のブックレビュー― <文/森美樹>
森美樹
1970年生まれ。少女小説を7冊刊行したのち休筆。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)、『母親病』(新潮社)、『神様たち』(光文社)を上梓。Twitter:@morimikixxx
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ