Entertainment

小室哲哉の引退撤回の筆跡を分析。渡部建と同じ“独りよがり”な傾向も…

フットワーク軽めで気分屋? 心に忠実なタイプ

 全体的に小室さんの字は統一感がなく、まるで字があちこちにふわふわ動き回っているような筆跡。この印象は線の並びの間隔が均等でないからです。「音楽」や「創」など線がまっすぐでなく、角度もバラバラ。なんとなくガチャガチャしています。 (画像:小室哲哉 Instagramより) このように、線の間隔が均等でない字を書く人は、感情で物事を判断する気分屋の傾向があります。芸術家らしいといえば良い言い方ですが、機嫌の良し悪しによって意向が変わることもあり、周囲は振り回されてしまうことがあるかもしれません。  ただ、「楽」や「体」など右払いが短めな傾向があるので、熱い性格ということでもなさそう。どの字を見てもハネがほぼないので、どちらかというと何事もフットワーク軽めでライトに行動するように見受けられます。 (画像:小室哲哉 Instagramより) やってみたいと思ったらとりあえずやってみる、という感じで、心に忠実なタイプなのかもしれません。

奔放だけれど日本を代表する名プロデューサー

小室哲哉「Digitalian is eating breakfast 3」avex trax

小室哲哉「Digitalian is eating breakfast 3」avex trax

 思っていた以上に芸術家的な、自由な印象の字だった小室さん。かなり個性が強く、私生活を表すような奔放な面が出ていますが、音楽の実力ではやはり日本を代表する名プロデューサーに間違いありません。  アラフォーの筆者も、90年代に小室ミュージックに陶酔(とうすい)した一人。完全復活するからには最高の音楽を創ってほしいもの。令和時代でも「TM NETWORK」の素晴らしい楽曲を期待しています! 【他の記事を読む】⇒シリーズ「筆跡心理学」の一覧はこちらへどうぞ <文/関由佳> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
関由佳
筆跡アナリストで心理カウンセラー、カラーセラピストの資格も持つ。芸能人の筆跡分析のコラムを執筆し、『村上マヨネーズのツッコませて頂きます!』(関西テレビ)などのテレビ出演も。夫との死別経験から、現在グリーフ専門士の資格を習得中。Twitterブログ
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ