Entertainment

『ラヴィット!』低視聴率でも、麒麟・川島の“バケモンMC”力が支持されるわけ

地味な企画も面白く盛り上げる、機転の利いた進行

 川島さんの司会力は『ラヴィット!』でも健在です。芸人が中心の現場で川島さんとしてもやりやすい環境ではありますが、アイドルや女優さんなど扱いに難しそうな出演者の扱いもさすが。場を停滞させることなく、明るく進行しています。 「スーパーで売っているハムランキング」など、そこまで盛り上がらなさそうな企画でも面白おかしく成立してしまうのは彼だからこそのことでしょう。
『#麒麟川島のタグ大喜利』(宝島社)

『#麒麟川島のタグ大喜利』(宝島社)

 その手腕にはあのオードリーの若林さんも信頼を寄せているようです。『ラヴィット!』にシーズンレギュラーとして出演していた日向坂46の松田好花さんが『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に出演したときのこと。  松田さんが『ラヴィット!』出演の際の立ち振る舞いの悩みを若林さんに相談すると、「(思った通りにコメントしても)絶対やってくれる」と、川島に委ねればどんなことでも料理してくれるという旨を回答していました。

泣いてしまった出演者も、川島の機転で笑顔に

 しかしその後の番組出演時、松田さんは“大喜利クイズ”にうっかり一発で正解を答えてしまい、生放送で涙を流すという結果に。そんな中、川島さんはフォローとして、番組のプレゼントキーワードを「#全部若林のせい」に設定したのです。  その機転に松田さんもニッコリしただけでなく、流れを知るスタジオ出演者や視聴者も大盛り上がり。その頭の回転の早さとセンスが改めて評価されました。
次のページ 
『ラヴィット!』は出演者に優しい朝番組
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ