Lifestyle

義母が“大量の野菜”をもってくるのが苦痛…夫に相談するとまさかの一言

真っ黒な出汁の煮物に夫が「母の味」

 本当は、洗濯物や洗い物を義母には手伝ってほしかったそうですが、年齢的に足腰が痛いらしく、ほとんど小百合さんが家事をこなしています。 「義母は料理が下手で、野菜に醤油をかけて焼く以外できないんです。あるとき、珍しく煮物を作ってくれたんですが、汁が真っ黒! 口に入れてみたら吹き出すほどの濃い味。思わず、嫌がらせなのかも……と気になったら、帰宅してきた夫が一口食べて『あ、うちの味だ』と。味覚の違いにあぜんとしました」  結局、小百合さんの口にはあわないので、彼女が料理を作るはめになっています。 「毎回、毎回、下ごしらえが大変なゴーヤを持ってくるんです。毎日食べても無くならなくて、食べ飽きるどころか見るのも嫌になって。やんわり持ってこないように伝えてみても、毎週持ってくるんです。  先週、言ったことを忘れてしまったのかと不安になるほど、明るく『ほら、見ていたら食べたくなっちゃったでしょ』と、まるで悪気無し。この前はトイレに入っていたら『便秘なのはきゅうりを食べないからよ』と、自分の野菜を食べないからだと言ってきました」

まるで拷問…夫もわかってくれないツラさ

育児疲れ 小百合さんは、義母の野菜を止めて欲しいと夫に訴えます。 「夫には『あと2、3年で、体力的に作れなくなるから我慢しろ』と言われました。しかも『せっかく作ったものを捨てるな』と言って、『なんでも煮ればいいんだよ。カレーにすればいいだろ』と、野菜を破棄することを絶対にさせてくれないんです。毎回、毎回、同じ野菜を食べなければならないことが嫌なことを、全然わかってくれませんでした」  小百合さんは、家事や料理を手伝って欲しいのに、義母がするのは野菜を持ってくることくらい。無駄な料理の時間も増え、嫌な野菜を食べなくてはならず「まるで拷問」と嘆きます。 「もう夜泣きなどの時期も過ぎたので、来てもらうのを止めました。これから保活を頑張って、来年は仕事に復職しようと思っています。義母の助けを求めるより、自分でなんとかしたほうがいいと気づきました」  親世代の価値観と、忙しい現代では、やってもらいたい育児や家事は違うと言えます。本来なら、うまく意思疎通をして、譲歩しあえるといいのですが…。 【他の回を読む】⇒シリーズ「私の周りの迷惑○○」の一覧はこちらへ <取材・文/阿佐ヶ谷蘭子 イラスト/朝倉千夏>
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ