Entertainment

トランプ前大統領の元妻「打ちのめされている」。4番目の年下夫が死去

 ドナルド・トランプ前米大統領の一番最初の妻で、美人娘イヴァンカの母としても知られるイヴァナ・トランプ。1992年にトランプ氏と泥沼離婚した後、2008年には23歳年下のイケメン俳優ロッサノ・ルビコンディと4度目の結婚をした。結婚生活は長く続かなかったものの、近年まで恋愛関係にあった2人だが、先月末、ロッサノが死去したことがわかった。

イヴァナ59歳の時、ロッサノ36歳と結婚

 ローマ生まれのロッサノは、母国イタリアで俳優やテレビタレントとして活躍。2008年には、6年間の交際を経て、イヴァナと結婚した。当時、イヴァナは59歳、ロッサノは36歳という年の差カップルだった。

友人がツイッターで訃報伝える

 結婚生活は1年足らずで破綻したが、その後もくっついたり離れたりを繰り返し、長い間恋仲にあったといわれている2人。2019年には、その恋愛関係にも終止符を打ったと公表されていた。ただ、今年8月にも2人がニューヨークで一緒にいるところを目撃されていたことから、友人としての関係は続いていたようだ。  ところが先月下旬、ロッサノが49歳という若さでこの世を去ったことがわかった。10月29日(現地時間)、ロッサノの友人で、テレビ司会者のシモーナ・ヴェンチュラがツイッターで明らかにした。  シモーナは、ロッサノとのツーショット写真とともに、こう綴っている。 「ロッサノ、私達が共に歩んだ道のり、良い時、悪い時、涙や笑い、私達が一緒にした多くのこと。全てのことに感謝している。さようなら。どうか安らかに」  これまでのところ、ロッサノの死因について、詳しいことは明らかになっていない。ただ、ある伊メディアは、ロッサノがここ1年ほど皮膚がんで闘病していたと報じている。
次のページ 
トランプ氏とは離婚訴訟で泥仕合
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ