Entertainment

林遣都、潔癖症に苦しむ孤独な青年に。「無理して自分を変えなくてもいい」

 作家・三秋縋さんの恋愛小説を映画化した『恋する寄生虫』が公開になりました。潔癖症に苦しむ孤独な青年・高坂と、視線恐怖症で不登校の女子高校生・佐薙(さなぎ)が出会い、変化を遂げていく物語で、高坂を演じた林遣都さん。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます
林遣都

林遣都さん

 役を演じるにあたって、その役に寄り添うだけでなく、「共感する人たちが観たときに、その人たちに『こうじゃない』と思われないように心がけています」と話す林さんに、本作について、そして映画にドラマ、さらに舞台など忙しい日々を過ごす林さんの、意外な生活リズムの整え方を聞きました。

新たな挑戦で、違った自分を出せれば

新たな挑戦で、違った自分を出せれば

『恋する寄生虫』より

――本作のオファーを受けたときの心境は? 林遣都さん(以下、林)「原案小説と脚本を読ませていただいて、自分があまり通ってきていないジャンルの作品だと思いました。ラブストーリー自体、避けてきたわけではありませんが、そんなに多いほうではないですし。そこにさらにファンタジーの要素が加わって、挑戦しがいのある作品だなと、違った自分を出せればと思いました。そして柿本(ケンサク)監督と(佐薙を演じる)小松菜奈さんとだったら、この作品の世界観を美しく、かつ説得力のあるものにできるんじゃないかと思いました」
「こうじゃない」と思われないようにと心がけている

『恋する寄生虫』より

――高坂が抱えている孤独感や絶望は、理解できるものでしたか? 「この作品だけでなく、生まれ育った環境というのは人格形成に大きな影響を与えると常に感じます。自分は家族から、本当に普通の生活をさせてもらって、当たり前の幸せを感じながら生きてくることができたので、なかなか高坂の気持ちに共感といっても難しくはあります。でもどの役もそうですが、分からない部分も、しっかりと寄り添って演じられたらと。そして、どのような役でもそこに共感する人たちが観たときに、その人たちに『こうじゃない』と思われないようにと心がけています」 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます
次のページ 
無理して自分を変えなくていい
1
2
3
4
5
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ