Fashion

メンズアイテムを着る女性が増えている。その魅力とは

メンズブランドのパンツを買う機会がやってきた

 確かにメンズのアイテムを女性が着ると、その意外性によってコケティッシュな魅力が生まれます。しかし私の周囲の女性たちはどうやらそれを狙ってはいない様子。ではなぜ着るのだろうか、とつらつら考えていたとき、私にもメンズブランドのパンツを買う機会がやってきました。  最近、私は冬に白いものを着るのがお気に入り。理由は明るい色を着たほうが気分も明るくいられるから。  特にエクリュと呼ばれる生成りの白を着るのが気に入っていて、生成り色のセーターやシャツ、スカートまで集まりました。次は、フロントはタックで、インナーにタイツやレギンスをはいても大丈夫な、裾幅のゆったりしたワイドパンツが欲しいなと思って探していて、これはいいかもと思ったのがメンズのパンツでした。 メンズパンツ  このコットンギャバのバギーパンツはALTIMAというブランドのもの。HPを見ると、「MADE IN JAPANのサスティナブルブランド。クリーンでクリアな真の意味での日本製」とあります。

メンズのパンツをはいた瞬間の解放感

 股上、裾幅やわたりの寸法を今自分が持っているものと比較して大丈夫と判断し、ネット通販で購入。到着して、あわせようと思っていた生成りのセーターを着て、おそるおそる脚を入れてみたとき、これまで感じたことのない感覚がすっと身体じゅうを駆け巡りました。  それを言葉で表現してみるならば、自由に解き放たれて、軽やかに行動できそうな感覚。手を出すのにはほんのちょっとの勇気が必要だったけれども、それを乗り越えてみずから男物を選び、手に入れてみれば、これならばなんとかいけそうだと思える感情がわいてきます。
メンズパンツ

ALTIMA「HI-COUNT GABA BAGGY PANTS」9900円 (税込)

 この感情はきっと、メンズのアイテムが着る人の行動力を促すことを意識せずとも意図していること、そしてそのために厳選された生地、仕様、その他すべてで作られていることから生まれるのでしょう。
次のページ 
メンズの服が持っている力
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ