Lifestyle

初デートでパチンコ屋へ、ハマってしまいすべてを失ったアラサー女性

弟や親友にお金を無心するまでに

 しかし楽観的な葵さんの思惑とは裏腹に、やればやるほどマイナスな結果に。とうとう貯金残高が危険数域に達したようです。 弟や親友にお金を無心するまでに 焦りだした葵生さんは、いよいよ3歳年下の弟や、幼馴染の親友にもお金の無心を始めます。最初は快く引き受けてくれたようですが、2人から真剣に説得された「程々にした方がいいよ」という忠告には全く耳を貸さず、繰り返し借金をねだってしまい…2人に呆れられた挙句、疎遠になってしまいました。 「当然ですよね。何年もかけて築き上げてきた信頼関係をこのような形で崩してしまったこと、今でもずっと後悔しています」

とうとう消費者金融に手を出してしまう

 それでも懲りなかった葵生さんは、最後の砦とも言える消費者金融に手を出します。 とうとう消費者金融に手を出してしまう「何とかして今まで失ったお金や人間関係をチャラにしたい一心で、借りたお金を携えてパチンコに行き、一度は取り戻せたこともありました。しかしあの時の私は明らかに狂乱していて、このままいけばプラスになるんじゃないかと、つい魔が差してしまって…。そうこうしているうちに、借金はかなりの額に膨れ上がっていました」  そう語る葵生さんでしたが、勤めだして8年目になる不動産会社の事務仕事だけは休むこともなく真面目に続けていたそう。ところが、金融会社からの催促連絡が勤務先にもはいるようになり、職場に迷惑がかかると思った葵生さんは、自ら退社という道を選びました。 「仕事もやめて何もかもがなくなった時に、ふと周りを見てみたんです。すると近くには大切な友人や家族、そして彼氏や会社の仲間も誰もいませんでした。私に唯一残ったのは、多額の借金だけ。長かったですが、それにやっと気づいた時、『もうギャンブルはやめよう』と決意しました。」
次のページ 
ギャンブル中毒と軽い鬱と診断
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ