Entertainment

豊川悦司×中村倫也、2人のポンコツエピソードって?「物忘れがひどくなってきました(豊川)」

 Prime Videoにて、12月17日から独占配信される『No Activity/本日も異状なし』でバディを組む、豊川悦司と中村倫也。  出世をあきらめた万年ヒラ刑事・時田(豊川悦司)と、高コミュ力で人たらしな新人刑事・椎名(中村倫也)の珍妙なかけ合いを軸に、麻薬捜査の張り込み中に起きるとんでもない騒動を描くクライム&コメディドラマである本作。

豊川悦司の「ポンコツエピソード」

本日も異状なし まずはすべてにおいて適当で、愛すべきポンコツとも言える時田のような、ポンコツエピソードについて二人に聞いた。 豊川:物忘れが最近ひどくなってきました。こないだは「物忘れ」って言葉自体忘れちゃって。そういうことって何て言うんだっけな……?って検索するんだけど最初の字がわからない(笑)。 中村:ヒントすら浮かばないという。 豊川:ただ……不思議なことにセリフだけは忘れない。 中村:さすが役者ですよね。僕はそういう意味ではセリフ覚えをギリのギリまでやらなくなりましたね。いいかげんマズい、ってならないとやる気が起きなくて。今の世の中、Prime Videoのように誘惑も多いので困ってます(笑)。

中村倫也の“雰囲気作り”とは?

 今回演じた役柄とは逆に、撮影現場などで自分が後輩、または先輩のとき、二人はどのように振る舞っているのだろうか。 豊川:現場でもいつの間にか自分が一番年上みたいな、それぐらいの年齢になってきてますが、あまり年齢とかキャリアとか関係ない職業だと思うので、上下関係を意識したことはないですね。ただ、自分が先輩でも、後輩でも、なるべく人に甘えるようにはしています。そうすることによって自分が何を考えているのかを知ってもらうのは、仕事においてとても大事じゃないかなって。 中村:自分で言うとあれですけど、僕が主演だったり、現場で年長だったりするときは「どんどんミスしろ」って雰囲気はつくりますね。セリフなんて嚙んだっていいんだよ、と。スタッフも含めてのびのびやってほしいから僕も率先してミスしますし(笑)。もちろん緊張感は必要だけど、それで萎縮したり気を使って動きが悪くなることはホント無駄なことだと思うんで。
次のページ 
仕事には常に喜びと遊び心を
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ