Entertainment

関口メンディー×小森隼、経験を活かした役作りを語る「3回振られたことがあるんです」

「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」や「GENERATIONS from EXILE TRIBE」(以下、GENERATIONS)など、LDH所属アーティストの楽曲作詞を数多く手掛ける作詞家・小竹正人が紡ぐ歌詞の世界観を脚本家・映像化するショートフィルム企画「CINEMA FIGHTERS project」
左から、小森隼さん、関口メンディーさん

左から、小森隼さん、関口メンディーさん

 その第4弾となる映画『昨日より赤く明日より青く-CINEMA FIGHTERS project-』が2021年11月26日(金)から全国公開されている。本作には、GENERATIONSメンバー7人全員が参加し、映像詩的な情感溢れる6作品の「リリック・シネマ」となった。  今回は、「LDHとイケメン」をこよなく愛する筆者・加賀谷健が、久保茂昭監督作『水のない海』に出演した小森隼さんと新城毅彦監督作『真夜中のひとりたち』に出演した関口メンディーさんにインタビューをおこなった。両作品に共通する「孤独」のテーマやコロナ禍でのライフスタイルの変化など、等身大の心境を語ってもらった。

GENERATIONSメンバー全員で臨んだショートフィルム

――「CINEMA FIGHTERS project」にGENERATIONSメンバー7人全員で参加されていかがでしたか? 小森隼(以下、小森):メンバーが個々で演技にチャレンジしている姿を見て、応援していましたし、背中を押していましたが、まさかのその線が一本になるなんて夢にも思っていなかったです。嘘だろというのが率直な感想でした。6作全部が揃って観てみた時に、僕らの色になるし、表情や表現の幅にもなったなと思います。 関口メンディー(以下、関口):ショートフィルムでリリックシネマなので、それぞれの世界観でひとりひとりが主役で面白いなと思いました。もしもう一度やるとしたら、全員でひとつの作品をやってみたい気持ちがあります。

小竹正人が紡ぐ詞の世界を映像化

関口さん――本作は作詞家の小竹正人さんの歌詞の世界観を映像化するリリックシネマですが、それぞれの作品の歌詞を読まれてから撮影に臨んだのでしょうか? 関口:小竹さんに直接連絡させていただきました。普段コミカルな役柄が多かったので、そのイメージをなるべく削ぎ落として、出来る限り普通に盛らずに演じてほしいとアドバイスをいただきました。実際の撮影現場では、新城監督とそのことを意識しながらやり取りし、撮り進めました。 小森:僕は逆に何も小竹さんと話すことなく作品に入りました。僕の作品がクランクアップだったので、それに対して自分が出来ることを全力で演じました。「水のない海」というタイトルの意味を理解するのが難しかったです。一番抽象的なタイトルで、頭の中でイメージして考える時間を大切にしました。クランクアップがちょうど一年前で、コロナ禍が続いていて、小竹さんにお会い出来ていないので、どういうふうに思われているのかは気になります。
次のページ 
楽曲と同時進行でイメージを深めていった
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ