News
Lifestyle

ゆうちょ銀行が1月17日から手数料の値上げだらけ。小銭貯金は損するかも!?

小銭を窓口に持ち込むと手数料がかかることも

 商売をされている方などで、小銭をゆうちょ銀行の窓口に持ち込んだ場合はどうなるでしょう。51枚から100枚は550円、101枚から500枚は825円、501枚から1000枚は1100円、それ以上は500枚につき550円加算で手数料がかかります。  また、金種指定料金というものも新設され、例えば、1万円を引き出すときにお釣り用の百円玉を50枚が必要と指定をすると、550円の料金がかかるようになります。  これら窓口の料金もそれぞれ50枚までは無料のままということですが。小売店の方などは大変だと思います。  ここで、「え、どういうこと? 窓口は50枚まで無料?」と思った方。  正解です。  ちょっと不思議なことが起こるんですね。  ATMでは、たとえ1枚でも小銭で出し入れすると110円以上の手数料がかかるのですが、窓口では50枚までは無料なのです。つまり、小銭の絡む、ゆうちょの口座でのお金の出し入れで余計な手数料を支払いたくなかったら、小銭50枚まではなんと窓口で扱うほうが安いことになるのです。 お金 貯金 税金

窓口とATMとで手数料の逆転現象が発生

 小銭を1枚から50枚まで預けたい時は、窓口なら硬貨取扱い手数料は無料。  窓口で51枚から100枚までは550円。  それが、ATMでは、1枚から25枚まで110円、50枚まで220円、100枚まで330円。  1枚から50枚までは窓口が無料で安く、51枚から100枚まではATMでの手数料が安いという逆転現象があるんです。  これ、正直言ってどうしてこのような扱いにしたのか、謎です。
次のページ 
手数料は1月17日から広く値上げ・新設
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ