News
Lifestyle

ゆうちょ銀行が1月17日から手数料の値上げだらけ。小銭貯金は損するかも!?

ゆうちょ銀行絡みの手数料は1月17日から広く値上げ・新設

 また、窓口、ATMとも払い込みサービスを現金で行う場合には1件につき110円が余計に手数料として必要となります。  払い込みサービスとは、税金や代金、料金など、青い払い込み取扱い伝票、赤い払い込み料金受取人負担の伝票などを使って、払い込みの手続きをすることです。  これらの支払いは、伝票を使ってもゆうちょ銀行の口座から支払う方法と、現金で支払う方法があります。このうち現金(もちろん紙幣も含みます)を使って支払う場合は、従来の払い込み手数料に加えて110円が新設されることになります。赤い払い込み手数料そのものは受取人負担の伝票の場合でも、現金で支払う手数料の110円は支払う側の負担となります。  この110円は、現金でなくゆうちょ銀行の口座の残高から支払うことにすれば費用はかかりません。 スマホ買い替えクレジットカードお金 ほかにも、定額小為替の発行手数料など、ゆうちょ銀行絡みの手数料は1月17日から広範に値上げ、もしくは、手数料の新設となります。よく使われる方はもちろん、使うかも?という人もぜひ注意してください。  何でも値上げで嫌になりますね。手数料を払うのが嫌いな筆者はうんざりしています。  誰かのゆうちょ銀行に口座に送金したい、お金を払いたいという場合は、前にもこの連載でお話ししましたが、やっぱり、ゆうちょのネットバンクを利用すること。これに限りますね。今のところ24時間好きな時に手続きができて、月に5回までは手数料が無料です。自宅でできるから本当に便利です。

ゆうちょ銀行はATMを含めて硬貨が嫌い

 いろいろとお話ししましたが、ゆうちょ銀行はATMを含めて硬貨が嫌いということですね。硬貨を扱いたくない。支払い、送金など払い込みの時は現金でなく口座を使って払ってほしいということでしょう。  山ほど小銭を持ってる方。家で子豚の貯金箱で硬貨の貯金をされている方。  ゆうちょ銀行に預けるつもりでいたのなら、それ、今のうちに何とかしませんか?  行動は手数料の新設値上げのない1月14日金曜日までがオススメです。  また、これからは外で買い物などをする時にはできるだけ小銭が出ないように、クレジットカードなどを使う。電車やバスに乗る時にはICカードを使う。  小銭をできるだけ持たないですむライフスタイルに変えていったほうがいいようです。  このこと、どうかご両親にも教えてあげてくださいね。 【他の記事を読む】⇒シリーズ「女性が一生、お金に困らないためのレッスン」の一覧はこちらへどうぞ <文/佐藤治彦>
佐藤治彦
経済評論家、ジャーナリスト。1961年、東京都生まれ。慶應義塾大学商学部卒業、東京大学社会情報研究所教育部修了。JPモルガン、チェースマンハッタン銀行ではデリバティブを担当。その後、企業コンサルタント、放送作家などを経て現職。著書に『年収300万~700万円 普通の人がケチらず貯まるお金の話』、『年収300万~700万円 普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話』、『しあわせとお金の距離について』『急に仕事を失っても、1年間は困らない貯蓄術』など多数 twitter:@SatoHaruhiko
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ