Gourmet

餅にも合う!年末年始は「ベーコン」が使える。意外な活用法3つ

 実は、大活躍。
ベーコンは精肉よりも日持ちが長く、旨味も香りも凝縮されている

ベーコンは精肉よりも日持ちが長く、旨味も香りも凝縮されている

 年末年始が近づき、食材の価格が上がっています。それに加えてスーパーなどでは、決して安くはないお正月用品がずらりと並んでいて、どんなごちそうを無理なく美味しく楽しもうか、悩んでしまうことはありませんか?  おせちも良いけれど飽きてしまう、刺身や肉も高い……、うーん、いったいどうすればいいのでしょうか? そんなときにオススメしたいのが、「ベーコン」。そうです、朝食や比較的カジュアルなメニューに登場しやすい加工肉。  年越し料理やおせちに入っているイメージはありません。今回は、そのベーコンを使った「年末年始だからこそ作りたい!ベーコンの美味しい活用術」を3つご紹介したいと思います。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

①年末:“厚切りベーコン”をたっぷり使ってパスタ料理を作る

いつもよりもベーコンをたっぷり、しかも厚切りで使うカルボナーラ

いつもよりもベーコンをたっぷり、しかも厚切りで使うカルボナーラ

 年末のご褒美。ごちそうメニューとして、いつもよりもちょっぴり贅沢にベーコン使いをしてみてはいかがでしょうか?  例えば、カルボナーラ。ブロックベーコンを厚切りにしてたっぷり加えて作ってみましょう。お財布に余裕があれば、普段は選ばないような高級ベーコン(本格的な燻製ベーコンは風味も食感も別次元)を選ぶのもよし。驚くほど満足度の高い仕上がりに感動するはずです。  ベーコンは両面をこんがり焼いて、香ばしく仕上げるのもポイントです。市販のパスタソースを使って、ベーコンをたっぷり追加するだけでもOK。これを食べるときは、ダイエットも忘れて堪能してください!

②お正月:雑煮のメイン食材に加える

騙されたと思ってやってみてください!驚くほど合います

騙されたと思ってやってみてください!驚くほど合います

 ベーコンと餅は合う。そんなイメージを持っている人は少ないかもしれませんが、実はそこに甘いスープを加えると、もっとスゴイことが起こるんです。  ある日ちょっとした好奇心で、冷蔵庫にあったコーンスープを温めて焼き餅を浸し、そこにしょっぱいベーコンを添えてみたところ、ホームラン級の好相性にびっくりしてしまいました。  故郷の正統派雑煮を味わったあと、餅が余っているときにでも作ってみてください。甘じょっぱさが見事に融合した新感覚のお雑煮を味わうことができ、これまでのお正月料理の概念が広がるかもしれません。  ちなみに我が家では家族全員が気に入り、お正月ではない普段のオヤツタイムにもたびたび登場しています。
次のページ 
お正月から日常へ戻っていく過程でも、ベーコンが活躍
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ