Fashion

冬でもおしゃれな人の“服の下”どうなってる?スタイリストが明かすポカポカ術

 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子(すみゆうこ)です。今冬は暖冬と言われていたはずなのに、しっかり寒い日々ですね。少しでも北風を感じたくない筆者は、日頃からいかに寒さを感じずにおしゃれを楽しめるかということにしか頭が働きません。
冬

写真はイメージです

 そんなワケで今日は寒いの大嫌いなスタイリストが満を持してお伝えする、着膨れしないあったかコーデのコツをご紹介します。

温感インナーの重ね着で逆に冷えてしまうケースも

 寒い日に役立つアイテムといえば、もこもことしたニットやダウンコートなどですよね。厚みがある素材の服は暖かいという印象がありますが、本当に暖かいかどうかは別問題。  ボアジャケットやローゲージのニットは、見た目は暖かそうなのに実際は通気性があって寒かったりもします。また、ヒートテックなど温感インナーの重ね着も防寒対策に良いとされていますが、暖房の効いた部屋に滞在すると汗をかきやすくなります。その場合、温感インナーの特性によっては汗冷えを起こすのであまりおすすめしません。

「下半身」を中心にインナーを仕込むのがポイント

着膨れしないあったかコーデ 筆者自身も良い効果が得られ皆さんにもおすすめしたいのが、温感インナー+はらまき+ショーツ用の温感ライナー+タイツの組み合わせ。とくに下半身を中心に温めると体全体が温かくなる実感がわきやすいです。もちろん個人差はありますが、ヒートテックを2枚重ねるよりヒートテック+はらまきのほうが真冬の強風にも耐えられました。  めちゃくちゃ寒い日は、さらによもぎの温感シートをショーツに仕込むとお腹まわりが暖かいので顔や頭が寒くても我慢できますね。こうした温める箇所を意識することで無駄に重ね着をせずとも薄着で暖かさを持続できるというワケです。
次のページ 
ダウンに頼らない防寒コーデ
1
2
Cxense Recommend widget
【ファッションのお悩み募集!】
ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子さんが、あなたのファッションの悩みにお答えします。相談したい方は、こちらの「お問い合わせフォーム」まで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【ファッション相談】を入れ、お送りください。コーディネートのこと、体型カバーのことなど、ファッションに関することであれば何でもOKです。
※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。


あなたにおすすめ