Love

「おっぱいがある人はラクでいいよな!」夫の豹変は“産後うつ”?妻の決断は

まるで別人……どんどん混乱していく夫

「夫に赤ちゃんの世話をしてもらうといつわめき出すか分からない、という状態に私も疲れてしまいました。次第に夫には何も頼まなくなり、夫も自主的には世話をしなくなりました」  そのうち、妻との接点を避けてなのか平日は深夜に帰り、土日は昼間から飲みに出かけるようになってしまったそう。 酒 男性「お酒の量が増えて、夫の状態は悪化しました。酔っ払って帰って来ては『俺は早死にするから後は頼んだ!』『俺はもうこの人生を諦めてる。楽しいことなんか何もない』などと子どもに聞かせたくないようなネガティブなことを言ったり、職場の人の悪口を言いながら『こ○してやる!』とつぶやいたりするので、だんだん怖くなってしまって。妊娠中はあれだけ子どもと会うのを楽しみにしていて、俺は本当に幸せだと毎日のように言っていたのに、どうしちゃったんだろうって」  英子さんの夫は、世間でよく聞く「子育てに参加してくれない夫」ではなく、「子育てに参加できずに苦しんでいる夫」でした。もちろん、だからといって何をしても許されるわけではありません。 「家庭内別居のような状態になって、これで子どもに夫の怒鳴り声を聞かせずに済むって、どこかほっとしていました。私も夫のために何をしてあげられるか、深く考えることができなくて……好ましくない状況を放置してしまいました」

夫に言ってしまった「ひと言」を大後悔

 そんな風にして2ヶ月ほど経ったある日のことです。 「夫が酔っ払ってフラフラの状態で帰ってきて、手も洗わずに子どもを抱っこしようとしたんです。つい『待って触らないで!』と子どもを取り上げてしまいました。  しまった! と思い、とっさに『ごめん、とりあえず手を洗って、お水一杯飲んでちょっと落ち着いてから抱っこしてくれる?』と言い直しましたが、時すでに遅しでした」  夫の表情がこわばり、沈黙の後にこんな言葉が続きました。 「英子さえいなければ、俺と子どもだけだったらうまくやっていけるのに。お前がごちゃごちゃ言うから俺は子どもにも触れなくなった! 英子は子ども産んだらもう用済みなんだから、この家にいなくていいよ! 出ていけよ!」  真っ赤な顔でそう言って、目覚まし時計を壁に投げつけた夫さん。幸い投げたのは赤ちゃんがいない方角だったものの、プラスチックの破片や電池が部屋に飛び散りました。
次のページ 
「離婚したい」という夫に、妻の決断は
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ