Lifestyle

25歳のご長寿猫“へちまさん”と飼い主の想い「生きている今、ありがとうと伝えたい」

今日のにゃんこタイム~○○さん家の猫がかわいすぎる Vol.64】 「亡くなる直前、私の言葉も分からない状態でなんとか……ではなく、意識がはっきりしている今だからこそ、『昔こんなことあったの覚えてる?』と積極的に語りかけています」
如月さん宅のへちまさん

如月さん宅のへちまさん

 そう話す如月紅庵(@eijikun_gekiosi)さんの愛猫は、ツンデレ女子のへちまさん。  へちまさんは、なんと御年25歳のご長寿にゃんこ。限りある尊い時間が少しでも長く続くよう、如月さんは愛を伝えながら、へちまさん中心の生活を送っています。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

できないことが増え、できることの尊さに気づく

 へちまさんは、如月さんのお兄さんが保護した子。幼い頃は、とにかく気が強く、如月さんのお母さんにしか心を開きませんでした。 「ただ、私にはそこそこ懐いてくれ、学生の頃に数か月間、語学留学をしたときには、ときどき私の部屋の前で鳴いていたそうです」  愛猫の老いを感じるようになったのは、へちまさんが23歳になった頃のことでした。 「爪とぎをしなくなり、またたびにも反応しなくなり、動作がゆっくりになりました」  2年ほど前からは足腰がさらに弱ってきたからか、突然ドテッと転ぶことも。けれど、いまだにイタズラをしてくれたり、できる遊びをお気に入りのおもちゃでしてくれたりと、まだまだ元気。

2回の手術を乗り越えた“生命力の強さ”

ベッドを贅沢に使い、飼い主さんを驚かせることも!

ベッドを贅沢に使い、飼い主さんを驚かせることも!

 生命力の強さは、2019年と2020年に受けた、腫瘍切除手術のときにも証明されました。 「超高齢なので覚悟を決め、流動食を用意するなど万全の体制で挑みました。でも、術後、お迎えに行ったら先生の周りをウロウロ歩き回っていて(笑)。帰ってからは、ご飯もモリモリ食べてくれ、先生から丈夫さのお墨付きをもらいました」
次のページ 
“今が一番かわいい”を常に更新中
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ