News
Lifestyle

ランドセルを選ぶ“ラン活”、異常な過熱のカラクリ。完売続出は何だったのか

各メーカーがこぞって始めた“完売商法”とは

Kazumama「さらに各メーカーが、こぞって“完売商法”を始めたことでランドセル市場はさらに盛り上がりました。 流通量の少ない牛革をメインとして販売し、早い時期に完売させることで、希少性や話題性・価格を上げてブランド価値を高めていったんです。早い時期にランドセルを予約・購入させることで購入者を囲い込み、自社のランドセルを買わせることに成功していたように思います。複数のメーカーがこの完売商法を用い早期の囲いこみをすることで、ラン活はどんどん過熱していきました」 ランドセル選び“ラン活”――2023年のランドセル市場も過熱しているのでしょうか。 Kazumama「新型コロナ流行でラン活の動きやトレンドは大きく変わりました。ラン活が過熱していた時は、大型会場を貸し切って各メーカーが展示会をしていたのですがコロナ下でそのような催しはほぼなくなりました。さらに、外出を控える人が増え、わざわざ直営店に行ってランドセルを試着をする人も減ったんです。 でも、外出を控える中でも日常品の買い出しにイオンなどの大型シッピングモールにはみなさん行きますよね。そこで販売しているランドセルが目にとまるようになり、実際に購入する人が増えました」

2023年のラン活の動きとトレンド

――買い物のついでにランドセルを見ることができますし、子どもも気軽に試着できますもんね。 Kazumama「大型ショッピングモールで扱っているランドセルは、『天使のはね』『フィットちゃん』などの量産系のランドセルなのですが、大手ランドセルメーカーのものは安心感があります。子どもにとって使いやすい構造になっていてお値段もお手頃、保証もあります。 それまで工房系のオシャレさや本物志向に惹かれていた購入者も、実際に量産系のランドセルを手に取って、『このランドセルもいいじゃん!』と気づいたのだと思います」 ランドセル選び“ラン活” ――コロナ禍で祖父母と会う機会も減って、購入者も変化してそうですしね。 Kazumama「結局、コロナ下のランドセル市場は蓋を開けてみればイオンなどの量販店が絶好調でした。しかも多くのランドセルメーカーが値上げしたにもかかわらず売れたので、私も『ランドセル市場の動きが変わったな』と衝撃を受けました。量産系は生産数が多く、完売する心配が工房系より少ないので、焦る必要もありません。 この流れを受けて今まで完売していた工房系もピーク前などに完売しにくくなりました。受注を受けたものに関しては全て作り切るメーカーも出てきました」 ――では、今年はゆっくりとランドセルが選べますね。 Kazumama「そうなります。ただやはり市場が最も活発になるのはゴールデンウィークの時期になります。ですので、このタイミングまでにカタログを取り寄せたり実際のランドセルを試着することをお勧めします。シリーズ全品の完売はないにしても人気カラーが品薄になることはあるので、ゴールデンウィーク中に検討をするのが良いでしょう。ゆっくりといっても、ピークを過ぎた時期や年末に近づくと次の年のランドセルの受付が始まり、その時期の注文は届くのが3月近くになるので、スタジオなどで前撮りしたい場合間に合わなくなってしまうので注意が必要です」 ========  コロナ下でラン活市場が大きく変わり、今年は比較的ゆっくりランドセル選びができるようです。後半では、各メーカーの動きや実際にランドセルを選ぶ際の注意点についてもさらにkazumamaさんに聞いてみました。 【kazumama】 複数のランドセルメーカーの製造から販売まで経験。工房系と量産系の両メーカーに勤め、実績を積みランドセル業界を熟知するプロ。 ブログ「プロが教えるラン活サイト」にて、ブランドイメージに左右されない、各メーカーのランドセルレビューを公開。子どもの目線に立った評価で信頼を集めている。 <取材・文/瀧戸詠未>
瀧戸詠未
大手教育系会社、出版社勤務を経てフリーライターに。教育系・エンタメ系の記事を中心に取材記事を執筆。Twitter:@YlujuzJvzsLUwkB
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ