Entertainment

劇団EXILE・鈴木伸之がバイク運転シーンにハラハラ「本田翼を乗せて…」

「なるべくその場所に存在するリアリティ」

映画「ラジエーションハウス」――劇場版では、辻村の見せ場がいろいろとありました。バイクに乗る場面がありますが、鈴木さんの魅力が引き立つ映える画になっていました。やはりテンションが上がっていたりしていたのでしょうか? 鈴木:大型まで免許は持っていますが、プライベートでは一度も乗ったことがありません。撮影では実際に少し走ったんです。後ろに甘春という名の本田翼を乗せていたので、怪我をさせてしまったらと思って、心配でした。 ――場面ごとにインサートされる辻村のクロースアップが、ほんとうに素晴らしかったです。ここぞという瞬間にカメラのフレームに収まる鈴木さんは、何か意識されているのでしょうか? 鈴木:ほんとうですか、それは嬉しいです。あんまり意識はしていないです。シーンごとの気持ちは意識しています。なるべくその場所に存在するリアリティを心掛けています。 ――あるいは、窪田正孝さん演じる五十嵐と甘春との三角関係についても、ドラマ版から引き続き気になりました。 鈴木:窪田さんは僕が尊敬する俳優さんのひとりです。「HiGH & LOW」シリーズや『東京喰種 トーキョーグール』(2017年)でご一緒し、そこからさらにすごい活躍をされているなと。五十嵐唯織という難しいキャラクターを完璧に演じ、なおかつ、現場でも笑顔を絶やさず、コミュニケーションを取り続けていたので、本当にすごいです。

主人公のライバル役を演じ続けて

鈴木伸之さん――今回、そんな憧れの窪田さんとライバル役を再演してどうでしたか? 鈴木:ライバルなんておこがましいです(笑)。共演するたびに、「自分はダメだな」「もっと頑張らないとな」と思わされます。説得力が違います。 ――『オオカミ少女と黒王子』で山﨑賢人さん演じる主人公に挑戦する役柄が印象的でした。恋敵役を演じることが多いですが、主人公のライバルを演じるのはどんな気持ちですか? 鈴木:単純に僕の背が高いからでしょうか(笑)。敵役やライバル役が、とにかく多いです。あるいは、悪いラスボスなのか。引き続き、誰かのライバルをやらせていただきたいと思います(笑)。 ――どのように見せ場を作るものなのでしょうか? 鈴木:常に主役とは正反対のところにいる人物なので、台本を読んで主人公の人柄をある程度把握したら、その真逆を演じるんです。すると、ちょうどよかったりするので、逆を行くことは意識しているかもしれません。
次のページ 
「辻村役は僕にとって重要な役に」
1
2
3
Cxense Recommend widget
公開情報
劇場版ラジエーションハウス』は全国公開中
©2022横幕智裕・モリタイシ/集英社・映画「ラジエーションハウス」製作委員会

読者プレゼント
鈴木伸之さんサイン入りチェキを1名様にプレゼント
〆切り:2022年5月6日(金)
①「女子SPA!」ツイッターアカウント(@joshispa)をフォロー
②プレゼント告知の投稿をRT→応募完了


あなたにおすすめ