Gourmet

ピスタチオとトリュフのブームが長続きするのはなぜ? 愛されるトレンドフードの条件

 長続きには、理由あり。
ピスタチオ人気は定着!? 一過性のブームに終わらない秘訣とは?

ピスタチオ人気は定着!? 一過性のブームに終わらない秘訣とは?

 毎年、さまざまな「トレンドフード」が登場しています。最近のブームと言えば、カヌレ、イーストドーナツあたりは気になる存在でしょうか。  お菓子だけでなく調味料やレトルト食品など、ジャンルを問わずいろいろな食品が注目されますが、短期間の“一発屋”で終わってしまうものもあれば、人気が定着して愛され続けるものもあります。はてさて、この違いはいったいどこにあるのでしょうか?  ブームに終わることなく、人気が定着した成功事例としてわかりやすいのが、「ピスタチオ」と「トリュフ」。両社とも廃れることなく、ますます人気が高まっているように感じます。  そこで今回は、ピスタチオとトリュフの魅力を掘り下げながら、愛されるトレンドフードの条件について考えてみたいと思います。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

まずはトリュフとピスタチオの基本情報を、簡単に

トリュフには、黒と白がある

トリュフには、黒と白がある

 トリュフとは、西洋松露(セイヨウショウロ)科のキノコの総称。希少かつ高価なために「台所のダイヤモンド」と呼ばれ、三大珍味としてフランス料理やイタリア料理の高級食材に使用されています。  このトリュフ、実は白と黒があり、香りや用途が違います。一般的に黒は加熱調理によって香りが強くなるとされており、白は生で食べるのが主流。白⇒卵料理・パスタ料理・サラダ、黒⇒肉料理・フォアグラ・スープといった感じで、使い分けられています。

ピスタチオは美容にも良い

割れている殻が笑っているように見えることから、「ハッピーナッツ」とも呼ばれることも

割れている殻が笑っているように見えることから、「ハッピーナッツ」とも呼ばれることも

 ピスタチオは、うるし科(カシューナッツも同様)の落葉樹になる実の部分。発祥は古代トルコやペルシャなどの地中海沿岸地方で、その後ヨーロッパに運ばれました。殻の中に入っている小葉部分が鮮やかな緑色であることが特徴的で、これはクロロフィルという色素によるもの。  味としては、コクと旨みがしっかりありながら、品のよい甘さと軽やかな風味が特徴的。また、栄養面では美容にも良い(※)とされ、ナッツの女王と呼ばれ愛されています。それでは、魅力あふれているこの2食材が、ブームに終わらない人気を博し続けている理由について考えていくことにしましょう。 ※不飽和脂肪酸、食物繊維、カリウムが豊富であるため、ダイエット、便秘、むくみ対策になると言われています。
次のページ 
1.緑・黒・白は、日本人にとってはそそる色である
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ