Lifestyle

「2日に1度嘔吐するように…」慢性胃腸炎を持つ猫に向き合う飼い主さんの日々

「猫は吐くもの」に疑問を感じ転院。慢性胃腸炎が発覚

 そんなふぁん太くんですが、実は2020年に「慢性胃腸炎」であることが判明。きっかけは、嘔吐の回数に疑問を持ったことでした。 うとうとするふぁん太くん すぐにかかりつけの動物病院で相談をしましたが「猫は吐くものだから平気」と言われたため、通院しながら、しばらく様子見することに。  しかし、あまりにも嘔吐の回数が多くなってきたため、思い切って検査機関の整った病院へ転院。内視鏡の検査を受けたところ、慢性胃腸炎であることが発覚しました。 経過観察中のふぁん太 やがて、2日に1度嘔吐するようになり、4kgあった体重は3.4kgにまで減少。捕液の必要が出てきたため、血液検査を行ったところ、慢性膵炎も患っていることが分かりました。  現在は、膵炎向けの食事療法や投薬治療を受けながら、経過観察中です。

健康管理記録をメモ書き。嘔吐状況を分析

「通院でストレスを感じる子なので、往診してもらっています。嘔吐は週に1度ほどになり、体重は3.9kgまで戻りました」 ぐっすり眠る 身体に合うフードを色々試した結果、落ち着いたのはロイヤルカナンの「セレクトプロテイン」(ウェットフード)と、いなばのふりかけ。  しかし、合っていたフードが翌月になると合わない、季節によって合わないといったことが起こるため、飼い主さんは毎日、記録をとり、嘔吐の状況を分析しています。
ふぁん太くんの健康管理メモ

愛が感じられる記録

「あとは、フードの温度にこだわったり、酸化しないように食べる分だけ、真空パック機で小分けにしたりしています。食べ過ぎると下痢になるので、タイマーを2時間半置きにセットし、少量ずつご飯をあげています。留守中や就寝中はセンサーフィーダーとタイマー式の給餌器を使い、時間や量の配分を1g単位で変えていますね」  細やかな配慮で愛猫の健康を維持し続ける、飼い主さんは自身がなかなか病気を発見できなかったからこそ、似た悩みを抱えている方に病院選びの重要性を訴えかけます。
次のページ 
疑問を感じたら転院も考えるべき
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ