Lifestyle

「2日に1度嘔吐するように…」慢性胃腸炎を持つ猫に向き合う飼い主さんの日々

趣味は窓からカラスと子どもとの交流

 好きなことは、日当たりが良い出窓からカラスを観察すること。窓越しに、小さな子どもと交流を深めることもあります。 「散歩中の子どもが手を振ったり、声掛けをしてくれたりすると、ふぁん太はじっと見つめ返しているんです」  夜、眠る時は腕枕をしてもらいながら、同じ布団でスヤスヤ。  かと思えば、夜中にひとり大運動会を始め、飼い主さんが反応するまで鳴き、コール&レスポンスを要求することもあるとか。 「年齢のわりに、わんぱくです。テンションMAXになると、キャットタワーからカーテンレールにうつり、そこから私に向かってダイブしてくることもあります(笑)」

ヘソ天は膝の上でだけ!甘えん坊で知的な性格

 ソマリは甘えん坊で知的な子が多い猫種だと言われていますが、ふぁん太くんは、まさにそんな性格。 お腹をなでなでされるふぁん太くん 飼い主さんに甘えるだけでなく、動物病院へ行った時にはお腹を見せ、撫でてもらっては喉を鳴らし、喜んでいました。 「捕液や採血で暴れた直後でも、私が名前を呼ぶと、膝に乗って甘えてくる。人間に向かって威嚇をしたことがない、本当に優しくて穏やかな子です」  ヘソ天は床やベッドでは絶対にせず、膝の上でだけ披露してくれます。 膝の上でリラックス「なぜか、色んな猫ちゃんが夢中になったと聞くおもちゃは、基本的に無視。人間が操っているのを分かっているのか、冷たい目で見つめられて終わりです(笑)」  そう語る飼い主さんは、ソマリという猫種を考慮しながらふぁん太くんをケア。長毛のため、毎日のブラッシングは必須です。
ブラシを持つと膝の上でヘソ天

ブラシを持つと膝の上でヘソ天

「ふぁん太は、ソマリらしい特徴的な赤毛がありません。だから売れ残ってしまったのかなと思うと、可哀想でならない。愛情を受けられなかった分、出来る限り一緒にいて、尽くしてあげたいんです」
次のページ 
転院がきっかけで病気が発覚
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ