Lifestyle
Human

オタクママ大喜び!コミケ中に子どもを預けられる神サービスがすごい

参加者6名からのスタートだった

――初回はどれくらいの申し込みがあったのでしょうか。
参加者6名からのスタートだった

好きな遊びを楽しむ子どもたち。(写真は「にじいろポッケ(@nijiiropokke)」のTwitterより。以下同じ)

四辻「申し込みがあったのは3家庭。うち1家庭が兄弟2名だったので、預かった子どもは自分の子2名も含めて6名でした。この時、すでにTwitterでかなりバズっていたのでもっと来ると思ってたんですよ。定員の半分も埋まらなかったので、当時はすごく少なく感じました。今思うと、むしろ始まったばかりのサービスによく3家庭も来てくれたと思うんですけどね」 ――その時点でやめようとは思わなかったのですか? 四辻「そこは、やっぱり私自身がイベントに出たい気持ちがあったので、やめる気はありませんでした。それに数人であっても預かって直接ママさんたちに感謝をされたら、もっと期待に応えたい気持ちが強まったんです。このままでは終われないと思いました。結果、コロナ禍が始まる前は定員20名の枠がすぐに埋まるまでになりました。今年の夏コミも1日目は満枠、2日目もあと数名で埋まるくらいには、ご好評いただいてます」

ベテランのベビーシッターが集結

ベテランのベビーシッターが集結――保育スタッフさんはどんな人たちなのですか? 四辻「個人でベビーシッターなどをやっているフリーランスの方と直接契約をしています。今の保育スタッフのリーダーは、数十年の保育キャリアを持つ大ベテラン。保育園に勤めていたそうですが、もっと多くのニーズに応えたいと訪問保育や自宅保育などもやっている方です。その繋がりがあって、他にも信頼できるスタッフさんのセッティングができるんです。私自身も安心して子どもを預けられています」
次のページ 
母親の心の自由も大事
1
2
3
4
5
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ