News

小学生が脂肪肝や高血圧に!コロナ禍で“子どもの老化”が深刻に

視力1.0以下の中学生は6割に達している

子どもを襲う老化

写真はイメージです

「小学校入学前に眼科に連れていったら視力は0.1未満。今、息子は瓶底のようなメガネをかけて過ごしています」 こう話すのは小2の息子を持つ男性だ。幼い頃からスマホで遊ばせていたところ、みるみる視力が低下。6歳のときに強度近視の診断を受けた。 「医師からは『タブレット端末の使用を控えさせるように』と言われました。放置すると緑内障の危険性もあると」 視力低下だけではない。老眼と似た症状を訴える子どもも増えている。二本松眼科病医院の平松類医師が話す。 「通常、人は1分間に20回ぐらい瞬きをしますが、スマホを見るときは回数が4分の1に減ります。すると、ドライアイになり、近い距離で凝視しすぎてピント調節機能が衰える“スマホ老眼”になる子どもも増えているのです。 並行して近視が進む子どもも多い。文科省の統計でも裸眼視力1.0以下の子どもは年々着実に増え続けており、中学生では6割に達しています」

子どもの目を守るには?

子どもを襲う老化子どもの目に悪影響を及ぼしている“犯人”は明らかだ。 「本を読むときの目との距離は30cmですが、スマホは20cm。最も目から近い距離で、かつ長時間利用される傾向にあるため、目の負担が大きい」 子どもの目を守るには、「スマホ利用時は30分に一度、目を休ませ、一日2時間は外で遊ばせるのが理想」(平松医師)とか。ロコモ予防策同様、適度な運動は効果的なのだ。
次のページ 
コロナ太りを経て脂肪肝になる子が増加
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ