Entertainment

文春の“宝塚トップスター陰湿いじめ報道”に疑問の声。元タカラジェンヌが語る、記事への違和感

報道を信じるか、信じないかも…

小林一三

宝塚歌劇団創設者の小林一三翁(宝塚市)

「宝塚は、舞台ごとのカンパニーではなく固定の仲間でずっと回していくことにも特徴があります。ピラミッド社会に否定的な感覚を持つ人もいるかもしれませんが、立場ごとの役割があって、それをまっとうしてこそひとつの舞台が作り上げられるんです。トップも組長も下の人たちから尊敬されないとなり立たないと思います。  でも物事の受け取りかたは人によります。人の数だけ真実がありますから、本当のことは分かりません。厳しい指導をパワハラと受け取るか、感謝するかはその人次第。報道を信じるか、信じないかも、その人次第です。ファンの人たちは、自分が見たもの、目で見た舞台を信じていいと思います」(元タカラジェンヌBさん)  大多数のファンは、タカラジェンヌを信じて疑わない。これからも多くの人たちに夢と希望を与え続けて欲しい。現在(1月23日)、文藝春秋に本件の見解を尋ねており、回答があり次第、追記する。 <取材・文/和久井香菜子>
和久井香菜子
ライター・編集、少女マンガ研究家。『少女マンガで読み解く 乙女心のツボ』(カンゼン)が好評発売中。英語テキストやテニス雑誌、ビジネス本まで幅広いジャンルで書き散らす。視覚障害者によるテープ起こし事業「合同会社ブラインドライターズ」代表
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ