Entertainment

ガガに愛されたBABYMETAL。でも海外の反応はイマイチ?

 日本のアイドルユニット「BABYMETAL」が、7月30日のアリゾナ州フェニックスを皮切りに開催されたレディー・ガガのワールドツアー「LADY GAGA’S artRAVE : the ARTPOP ball」で、アメリカ5公演のサポートアクトを務めたことが話題となっています。

コンセプトは“KAWAII METAL(カワイイ・メタル)”



 BABYMETALを知らない方もいると思いますが…そもそもどんなグループなのでしょうか。

 BABYMETALは「アイドルとメタルの融合」をテーマに結成された3人組ガールズユニットで、平均年齢は、なんと15.7歳。もともとは、アミューズ所属の成長期限定ユニット「さくら学院」から派生したクラブ活動のひとつ、という位置づけでした。

 しかし、そのコンセプトの新しさ(奇抜さ?)と音楽性、パフォーマンス力の高さから、YouTubeで公開された「ド・キ・ド・キ☆モーニング」のMVには海外からのアクセスが殺到(330万再生回数:2014年8月現在)し、一部ファンの間で大きな話題となっていました。

⇒【YouTube】BABYMETAL‐ド・キ・ド・キ☆モーニング‐ http://www.youtube.com/watch?v=cirhQ8iLdbw


 その後も、「USAトゥデイ」「ウォール・ストリート・ジャーナル」「ロサンゼルス・タイムズ」といった名だたる米国メディアで紹介されるなど、今、世界から最もアツい視線を集める日本の音楽グループが「BABYMETAL」なのです。

 実際に、レディー・ガガ自身がBABYMETALのサポートアクトを最前列で楽しんでいる姿がインターネット上にアップされたり、ガガの楽屋に3人が招待されたりと、ガガ本人からの熱いラブコールを受けて今回の共演が実現したということは間違いなさそうです。

ガガのライブでBABYMETALを観た海外ファンの反応は?



 今回の共演について日本の各メディアは、ライブのレポートで「現地ファン熱狂」や「熱狂の渦に!」といった海外での絶賛の様子を報じています。

 そこで、海外の絶賛コメントをご紹介しようと、現地の新聞・雑誌のサイトやメジャーな音楽サイトなどを探してみました。ところが…今回のライブについての評価や、初めてBABYMETALのステージを観た海外の人たちの声は、ほとんど扱われていなかったのです(もちろん、チェックしきれていないコアな海外サイトでは取り上げられていたのかもしれませんが)。どうも日本での報道と海外でのリアルな評価との間には大きな溝ができているように感じます

 個人のブログを覗いてみるとどうでしょうか。

 レディー・ガガのアリゾナ州フェニックスでの公演で、BABYMETALのステージを観た現地のファンのブログ(tumblr.)には、彼自身はステージを大いに楽しんだことを述べつつも、実際には初めてBABYMETALを目にしたガガのファンたちの盛り上がりはイマイチで、ピットエリアから移動したのはせいぜい1人か2人だった(※2)、ということが書かれています。

 そこからは、ライブのリアルな雰囲気が伝わってきます。

 海外で報道された過去のニュースを、もう少し振り返ってみましょう。

 7月27日に開催された米国でのワンマンライブをレポートした「ロサンゼルス・タイムズ」の記事(7月29日付)には、「BABYMETALは、今最もメタル音楽の中で評価を二分する存在だ(※1)」と紹介されています。

 また米国の国際英文ニュース誌「TIME」には、『J-POPバンドのBABYMETALは、真のメタルファンたちを虜(とりこ)にできるか?』(2014年4月10日付)と題された記事が紹介されていました。そこでは、BABYMETALの海外での注目度の高さを認めつつも、「BABYMETALの音楽は、(J-POPやK-POPほど世界のリスナーから親しまれる)段階にまだ達していない。今は、彼女たちのその耳障りなイメージと音楽が人々の注意をひきつけるには十分だ。だが、それは長くは続かない。(※3)」と、BABYMETALに対する熱い視線はそう長く続くものではないだろう、と述べられていました。

“KAWAII METAL”の評価はまだこれから



ガガのInstagramにアップされた、BABYMETALとの集合写真

ガガのInstagramにアップされた、BABYMETALとの集合写真(8月3日)

 日本のカルチャーを愛する外国の熱狂的なファンが多くいるのは確かですが、世界では「BABYMETALっていったいなんなんだ!?」「おもしろそうだからライブを観に来たよ」といった声が大半を占めていて、まだまだBABYMETALを評価する段階にまで至っていない、というのが現状のようです。

 米国ニュース誌「TIME」にも書かれていたように、BABYMETALはその新しさと話題性から大きな注目を集めていることは事実でも、ステージやBABYMETALそのものが評価されるかどうかは、まだまだこれから、といったところのようです。

 7月には、ヘヴィメタルの祭典と呼ばれる英国の「Sonisphere Festival UK」に出演し、「アイアン・メイデン」「スレイヤー」「メタリカ」などメタル界の大御所と同じ舞台に立ったBABYMETAL。そして、世界のポップアイコンであるレディー・ガガに「ファンになったわ」とTwitterで発言させるほど気に入られた彼女たち。世界からどう評価されるか、これからが大きな分かれ道となりそうです。

 ガガのサポートアクトだけでなく、国内外の夏フェスへの出演、そして日本でのワンマンライブの開催も予定されています。「アイドル」と「メタル」――対極とも思えるそれぞれのファンですが、BABYMETALがその垣根を越えて活躍することを期待したいです。

【BABYMETALの今後のライブ予定】
8月9日(土)カナダ モントリオール HEAVY MONTREAL FESTIVAL
8月16日(土)日本 東京 SUMMER SONIC 2014
8月17日(日)日本 大阪 SUMMER SONIC 2014
9月13日(土)日本 千葉 幕張メッセ ※追加公演
9月14日(日)日本 千葉 幕張メッセ

※原文

(1)“Babymetal shreds heavy-metal’s seriousness at the Fonda” – “Babymetal is a Japanese concept group, and they’re the most divisive thing in heavy music right now.”(一部抜粋)

(2)“Babymetal opening at US Airways Center, Phoenix.” – “The only thing that sucked was the crowd. You could tell the Gaga fans weren’t warming up to them. Nobody in the pit area was moving except for one or two people. Pretty damn lame. I’m pretty sure the three of us were the only ones standing in our area, jumping around, and screaming at the top of our lungs for them. Worst part was during Gimme Chocolate when the girls were trying to get the crowd to repeat back the chorus, and it was almost dead. We were screaming it back as loud as we could so it wouldn’t be so quiet.”(一部抜粋)

(3)“Can J-Pop Band Babymetal Win Over Actual Metal Fans?”- “But Babymetal’s music hasn’t reached that stage yet, so the jarring juxtaposition of their image and sound is enough to get people paying attention for now ? but that won’t last.”(一部抜粋)

<TEXT/北村篤裕>

BABYMETAL

世界が認めた“KAWAII METAL”




あなたにおすすめ