Lifestyle
Human

小学校前から東大を目指した子たち、結果どうなったのか?結婚相手に意外な基準

―連載「沼の話を聞いてみた」― 子どもにエリートコースを歩ませたい。そうした目的を持つ親たちが集まってきていたという、早期教育の知育教室。 そこへ通っていた歩(あゆみ・仮名)さんの話から、親たちの切迫した熱意や、怪しいビジネスとの親和性が見えたのが、ここまでの話である。
知育教室沼202307③

※写真はイメージです(以下同)

さて、肝心の知育効果はどうだったのか。 「結局どれだけ早期教育をがんばらせたところで、あまり意味がなかったように思えます。ウチの場合、親の言うことをまったくきかない子だったこともあり、何の効果があったのかよくわからない。一方で、それなりの学校に入りその後活躍している子どもも、結局この子は早期教育やらなくても優秀だったよね……という感じでした」 【前編を読む】⇒幼児教室ママたちの異様な熱狂。幼稚園児に「検定試験に向けてのガリ勉」は本当に必要? 【中編を読む】⇒幼児教室でインフルエンザ発生。“激怒するお受験ママ”VS“ワクチン否定の自然派ママ”が大ゲンカ

エリートになったのは少数派

逆にどれだけ勉強しても、効果どころか心を病んでドロップアウトしてしまった子も少なくないとのこと。 「医者になったり海外で弁護士やっていたりとか、親の思いどおりになった家庭はごく少数です。あの早期教育に費やしたお金を、別のことに使っていたらねえ……なんて、このあいだママ友たちと笑い合いました。ギャー!とか泣いている子に、音楽どころじゃないだろう。昼寝のほうが大切だったよね、とか」 知育教室沼202307③教育熱心な家庭の子どもたちを数多く見てきて、「親や学校に反抗できる子どもはまだいい」と歩さんは話す。大人しくいうことを聞き、真面目に取り組んでいた子ほど、ある日突然引きこもってしまうケースをよく見かけるという。

母親自身の学歴コンプレックス

子育てのなかで、親の思想・世界観がまったく入り込まない家庭はまず存在しない。しかしあまりにも子どもが置き去りにされ、親の思惑や自己実現が優先される光景には胸が痛くなる。 「教育虐待」という言葉もあるが、どこからが虐待になるかの線引きは正直難しい。きっと昨今加熱している中学受験でも、親たちのあいだでは似たり寄ったりの沼が出現しているだろう。 歩さんが見てきた「早期教育にのめりこむ親」には特徴があった。「ちょっとこの人大丈夫かな?と心配になるくらいに熱心なお母さんは、自分自身の学歴にコンプレックスがあるケースが多かった」という。
次のページ 
過剰な教育熱の背景にあるジェンダー問題
1
2
Cxense Recommend widget
自分が身内が友人が沼ったご体験談を募集中です。当連載における沼とは、科学的根拠のない健康法やマルチ商法、過激なフェムケアや自然派思想など、主に健康問題に関わるものにハマることを示します。「女子SPA!」のお問い合わせフォームより、ぜひお気軽にご連絡ください(お返事に時間を頂戴する場合もあります)。


あなたにおすすめ