Love

「モテ男」の本命彼女になれる方法、“攻めてるつもりで守りに入っている”という落とし穴

こんにちは、恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーの堺屋大地です。 筆者はLINE公式のチャットサービスにて、年間約1500件のペースで恋愛相談を受けています。また知人経由で対面の相談を受けることも多く、性別・年齢問わずさまざまな方の恋のお悩みをうかがってきました。 さて、顔がよくて仕事もできてやさしい、そんなパーフェクトイケメンが周囲におり、恋心を抱いているという人も少なくないでしょう。しかし、そんな死角ナシのイケメンがモテないわけがなく、その彼を狙っている女性は5人や10人いてもおかしくはないのです。 今回ご紹介する舞香さん(28歳・仮名)は、ジョガーが集まる社会人サークルの仲間である悠斗さん(30歳・仮名)に片想い中。けれど、悠斗さんはパーフェクトイケメンのモテ男でライバルが多く、どうすればいいのかというお悩みでした。 ※ご紹介する相談内容はご本人の許可を得て掲載しています。ただし、プライバシー保護のため実際のエピソードから一部変更しています。

私以外のほかの子にも同じように振る舞ってる

AdobeStock_376023622

写真はイメージです(以下同じ)

悠斗さんは大学まで陸上の長距離をやっていたというスポーツマンで、現在はメーカーの営業職でバリバリ働いているそうですが、舞香さんによると彼の周囲には狙っている女子がとにかく多いんだとか。 「まず、私と彼が所属しているジョギングサークルのなかだけでも、数人は彼のことを狙ってるんですよ。そのほかにも社内の同僚女性とか取引先の仕事関係の女性とかから、しょっちゅう飲み会や食事に誘われてるみたいですし、大学時代の女友達のなかにも彼を好きな人がいるみたい。各コミュニティに彼に片想いしてる人がいるから、ライバルは10人ぐらいいるんじゃないかな」 舞香さんもほかのライバルに遅れを取らぬよう、サークル活動では近くで走るようにしたり、悠斗さんに熱心にLINEを送ったり飲みに誘ったりしているそう。もちろん一緒にいるときは、積極的に話しかけて、会話を盛り上げるように努力しているんだとか。 「ただ、彼はいつもさわやか笑顔で王子様対応をしてくれるんですけど、私以外のほかの人にも同じように振る舞ってると思うんです。このままじゃ彼の特別な存在になって付き合うなんて、ほど遠いですよね……」

当たり前だがモテ男の本命になれる可能性は低い

「このままでは彼の本命彼女になれなさそう」という気持ちから焦ってしまっているという舞香さんに、筆者は次のようなことを説明していきました。 まずは現実をきちんと認識しないと最善の対応ができません。 そのため残酷なようですがストレートにお伝えしますと、そもそもそういったモテ男の本命彼女になれる可能性は低いもの。10人の女性で恋人の座を争うとしたら、単純計算で言うなら90%は叶わないわけです。 もう少し別の角度から考えると、10人参加のレースで1着を取らないといけないということでもあります。 ごくごく当たり前のことをお伝えしましたが、舞香さんを含め、このシンプルな構造を理解できてない人は、実はかなり多いのです。
次のページ 
基本スタンスが“媚び”になってしまっている
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ