Gourmet
Beauty

美容食スムージーが効かない人は作り方が間違っている

 肌荒れ、便秘、ストレス、イライラ、不眠、抜け毛……

 女性の悩みは多々あれど、それらの特効薬はなかなか見つからないものです。高級美容液やエステに頼るのも良いですが、期待するほどの効果が出ないこともしばしば。

 そこで、堅実かつ効果的なのは、やはり「食生活の改善と積み重ね」。中でも、流行中の『グリーンスムージー』は、おしゃれな美容食として、不動の地位を確立しつつあります。

 しかし、どうやらこのスムージー。実践者の中で、勝ち組と負け組が出てしまっているようなのです。


効かないスムージーを作っていませんか?



 スムージーを飲み続けても、効果が実感できない負け組にはなりたくありません。
実は、効かないスムージーにはいくつかの理由がありました。

(1)十分に撹拌されていない。

野菜や果物に含まれる栄養素の多くは、細胞「内」に含まれており、外側の細胞壁を粉砕しなければ無用の長物。粉砕力によって、美容成分の吸収量が数倍変わってくることも

(2)高温で酵素や乳酸菌が死んでしまう。

ミキサーのモーター熱により、一時的に高温調理の状態になるのはNG。酵素は70度、乳酸菌は40度を超えると死活・死滅してしまいます。

(3)材料の組み合わせが悪い。

バナナとメロンのスムージーをどんなに飲み続けても、美肌を手に入れることはできません。期待通りの効果を得るためには、必要な栄養素を賢く取り入れることが必要です。

(4)飲むタイミングが悪い。

朝のすきっ腹にスムージーを飲んで、胃がチリチリと痛くなったことはありませんか?撹拌の問題とも関係してくる話ですが、胃腸の弱い人は要注意。食材に含まれる「酸」や「消化酵素」が、胃壁を傷つけてしまうことも。「朝一番が最高!」と信じこむのは超危険です。

 間違ったスムージーを作らないためにも、ミキサーは慎重に選びましょう。ポイントは2つ。「粉砕力」と「モーターの性能」です。わたくし・料理研究家スギアカツキがオススメするのは、ミキサー業界のロールスロイス『Vitamix(バイタミックス)』。今のところ、これに匹敵する競合機はありません。正直、あまりの高額ぶりに怯んでしまいますが、7年保証を考えれば、1日31円という計算に。

 他のミキサーを選ぶ場合は、上記2つのポイントを念頭に置き、店頭スタッフにアドバイスをもらいながら吟味しましょう。

野菜入りをやめてみる



 高い効果を期待して、むやみに「飲みづらい野菜」を加えることが、必ずしも正解とは限りません。美味しくなくて続かなければ、本末転倒。また、野菜が美の味方にはならないことも。

 例えば、生ニンジンのカロテン吸収率はたったの10%。また、意外にもGI値(glycemic index/太りやすさを考える上での一つの指標)はパスタ以上です。

 小松菜やほうれん草は、栄養価の高い野菜ですが、生食することの危険性を訴えているヒトもいます。

 限られた視点だけで、食材の良し悪しを判断することはできませんが、『野菜=果物よりも優れている』とは言い切れないのです。

⇒【野菜や果物のGI値一覧】http://joshi-spa.jp/?attachment_id=15677

GI値

野菜や果物のGI値。果物のGI値が意外と低いことがわかる。

お悩み別 美味しい果物スムージーの作り方



 大切なのは、毎日美味しく、楽しく続けられること。そこで今回は、果物だけで作るスムージーをご紹介します。材料は、多めの1人分。フルーツ以外に無糖ヨーグルトを大さじ2~3加え、作りたてを飲みましょう。

(1)二日酔い、ブクブクむくみの救世主!ピンクスムージー

イチゴ7個:肝臓の働きを助けるビタミンC/キシリトール・フラボノイド
バナナ1/2本:細胞の水分量を調整してくれるカリウム/食物繊維
スイカ2切:手足のむくみを改善するシトルリン/β-カロテン

(2)美肌・美腸、ヘビースモカーのパートナー!グリーンスムージー

キウイ1.5個:抗酸化作用の強いビタミンE/ビタミンC/食物繊維
甘夏1/2個:コラーゲンの生成を促進し、貧血を予防に関わるビタミンC/シネフリン
マンゴー1/2個:皮膚や目の健康を守るビタミンA/葉酸

(3)美魔女も喜ぶアンチエイジング!パープルスムージー

ブルーベリー20個:視神経の働きを活性化するアントシアニン/食物繊維
ドラゴンフルーツ1/2個:免疫効果を高めるビタミンB群/ミネラル
リンゴ1/2個:血液サラサラが期待できるポリフェノール/食物繊維
ゴールドキウイ1個:ビタミンC/ビタミンE/葉酸/食物繊維/カリウム

<TEXT/料理研究家・スギアカツキ>

【スギ アカツキ】
東京大学卒。東京大学大学院医学系研究科にて基礎医学を本格的に学ぶ。さらに久司マクロビオティックやオーガニックを学び、独自で長寿美容食の研究をはじめる。料理のモットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。自身もサラリーマンとして仕事と家事に奮闘しながら、ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。

スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@akatsukinohana




あなたにおすすめ