Entertainment

嵐はどうなる? 2016年ジャニーズのコンサート会場が足りない!?

ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ

「いつまでもあると思うな、親と金」ということわざがあります。“親と金”はもちろんですが、ジャニヲタには他にも「いつまでもある」と安心していられないものがあります。

 それは、ジャニーズの活躍の要、“コンサート会場”! 折しも春休みシーズンに入り、これからGWにかけて各地でコンサートや舞台が上演されます。

 コンサートの予定だけ見てみても、NEWS、KAT-TUN、中山優馬、Sexy Zone、A.B.C-Z、ジャニーズWEST、ジャニーズJr.、関西ジャニーズJr.(※1)と、実に8グループもの公演が見込まれているのです。

 この時期のコンサートは“春コン”(春のコンサートの略)と呼ばれ、「NEWSの春コン行く?」とか、「ジャニストの春コン楽しみ!」といったように使われます。

 同様に夏休みのコンサートは“夏コン”、冬休みは“冬コン”と称され、「横アリ(※2)の夏コンに来ると、ああ夏だって実感する!」など、ヲタにとって春夏秋冬ジャニが歌い踊るステージは、いつもそこにあってしかるべき存在なのです。

深刻な“2016年問題”とは



 だがしかし、いつかは受けねばならん人間ドッグのように、“2016年問題”とかいうのが愛する会場たちに突きつけられました。

 これは、「2020年の東京五輪を睨んだ施設の建て替えや改修が相次ぎ、コンサート会場不足がピークになるのが2016年ごろっぽい。さて困ったね」ということなのだそうです。

2016年問題! 先日、嵐の公演が行われてきた国立競技場の解体工事が始まりました。こちらは、東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとして再建されるとのこと。また今春、ジャニーズWESTらのコンサートがある横浜アリーナは、2016年1月から半年間休業し、大規模改修を行うことが発表されました。

 一方、昨夏Sexy Zoneの夏コン会場となったさいたまスーパーアリーナは、2015年度~2016年度のうち3~4カ月を改修のために閉鎖予定だそう。さらに、舞台『PLAYZONE』が上演されてきた青山劇場は、今春3月末に閉鎖。

 時期は未定なれど、5月にA.B.C-Zの公演がある国立代々木競技場第一体育館や、堂本剛さんのソロコンが開催された東京国際フォーラムも、改修が必要と言われています。つぶさに見ていくと、なんだかえらい数のステージが休みを余儀なくされる模様。

ヲタ自らステージになってもいい!



 当然、会場を使うのはジャニだけではありませんから、他アーティストと熾烈な“場所取り合戦”があったりするのかもしれません……。

 とはいえ、いがみ合うのはよろしくない。どうしても場所がなければサーカスのような特設テントでもいいし(※3)、なんならヲタ自ら組体操でステージになってもいい。とにかくいつものように公演を続行してくれることを、願うばかりです。

 ともあれ、ジャニーズの公演にお出かけの方は、“会場”もしっかり目に焼き付けておくことをおすすめします。もしかして次に来たときは、真新しい姿になっているかもしれませんから……!

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>

※1)Johnny’s net、公演案内ページより(2015年3月16日現在)。
※2)横浜アリーナの略称。
※3)ジャニーズは過去に『SUMMARY』などの公演時、テント状の特設会場を使用した例もある。

【みきーる】
みきーる編集者&ライター。出版社勤務を経て、2000年に独立。ふだんは『週刊アスキー』などパソコン誌や女性誌、ウェブサイトで編集・執筆。著作に『ひみつのジャニヲタ』(カバーイラスト・江口寿史)『ジャニヲタあるある』『ジャニヲタあるある フレッシュ』『ジャニヲタ談話室!』など(イラストはいずれも二平瑞樹)。ジャニヲタ歴は、約20年。KinKi Kidsの担当に始まり、現在はグループを問わず応援する“事務所担”。mixiコミュニティ“ジャニーズチケットお見合い処”管理人。Twitterアカウント:@mikiru

みきーる
ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。 ●Twitterアカウント:@mikiru ●公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!
ひみつのジャニヲタ

ジャニヲタとは、ジャニーズ事務所のアイドルを大好きな人たちのこと。そんなジャニヲタの、家族や彼氏も知らない隠された行動&ふしぎな生態がまるわかり!




あなたにおすすめ