Lifestyle

英国ロイヤルベビー「3代続く蟹座」が意味するもの

 こんにちは。占術家のエル・アシュールです。

 今回は、英王室に誕生したウィリアム王子とキャサリン妃の第1子となるロイヤルベビーのホロスコープを読んでみました。

⇒【ホロスコープ】はこちら http://joshi-spa.jp/?attachment_id=25536

ウィリアム王子、ダイアナ妃と3代続く蟹座に



ロイヤルベビー 海外のメディアではロイヤルベビーの出産予定日が7月だったため、蟹座、獅子座のいずれかの生まれになるのかといったことが取りざたされていましたね。

 獅子座はその名の通り、王者の星ですので、獅子座の太陽はロイヤルベビーにふさわしい尊厳や風格をもたらしますが、父、ウイリアム王子は太陽、月ともに蟹座。母、キャサリン妃は太陽が山羊座、月が蟹座ですので、遺伝的な要素を考えると蟹座の可能性も濃厚でした。

 結果は、太陽が蟹座、月が山羊座。

 父親と同じ星座に太陽を持ち、太陽と月の位置が母親と真逆で同じ満月生まれ。と、両親の性質を忠実に継承していることが出生図にはっきりと示されています。
愛国心が強く、家族や伝統を大切にします。感受性が鋭く、直感力に長け、母親譲りで忍耐強く、責任感が強いでしょう。

 満月生まれに加えて、木星と火星、土星、海王星が正三角形を形成するグランドトライン、それに木星と火星は冥王星と180度で「カイト」と呼ばれる特殊な配置を形成しています。さらに2つのTスクエア。と星同士が多彩な角度を形成する非常に華やかかつパワフルな星のもとに誕生しました。

 恵まれた環境の中で過ごすこと、心に思い描いたことを実現できるマジカルな力を持つ一方で、チャレンジングな配置により、潜在的な力を引き出すために重い課題や責任を与えられるでしょう。

 これは、紆余曲折を経て、偉業を成し遂げたり、成功者によくみられるチャートパターンで、個人の意志を超えた宿命的かつ運命的なものに導かれるように人生が展開していく傾向があります。

王にふさわしい星まわり



 王位継承者にふさわしく、「生死を超えて受け継ぐもの」を意味する第8ハウスに太陽、木星、火星、水星と10天体の主要天体のうち4つが入り、強化されています。

ロイヤルベビー,ウィリアム王子,キャサリン妃

ウィリアム王子とキャサリン妃……かと思えばマダムタッソーの蝋人形でした

 先人からの恵みや大いなる遺産を引き継いだり、公共財をたくみに運用するという運の持ち主です。

 ロイヤルベビーは継承した王室を発信地として、国や世界を人々が安心して幸福に暮らせる理想郷のような場所にすることを意図して生まれてきたことが、この場所の木星と火星が「グランドトライン」の一角であることからわかります。

 情緒豊かで慈悲深く、理想主義的な人生観を持ち、愛、保護、安全といったものを重視します。彼はごく自然に慈善やチャリティ、福祉といったことに関心をもつでしょう。これはおばあちゃま(故元ダイアナ妃)ゆずりかもしれません。ダイアナ妃(7月1日生まれ)もまた蟹座の太陽でした。

 太陽は蟹座の最後の度数にあります。星座の終わりは重要な意味を持つ場所です。蟹座の終わりは、「長く維持されてきた伝統や格式、文化遺産を受け継ぐこと」に関わり、保守的な生き方を求められながらも、その伝統や格式を客観的に見つめ、必要な改革をしていくことに関わります。

 これは彼のライフテーマとなり、王室や国家に彼の理想郷を作る上で壁となるものを見なおしたり、新しいやり方を取り入れたりするでしょう。

 太陽と月は「制限」の星・土星と90度。

 ロイヤルベビーが伝統を重んじ、厳格な環境の中で育ち、幼いころから人前でもそうでない場所でも秩序正しく、きちんとしなくていけないという躾を受けることを暗示しています。その立場ゆえに私生活においても緊張や制限を強いられ、幼少期においても甘えたいときに甘えられなかったり、寂しさを感じ、それが抑圧的な性質をもたらすかもしれません。

 蟹座の赤ちゃんはナイーブで周囲の状況や雰囲気、人の機微を敏感に察知し、吸収します。そして、人一倍愛情あふれる触れ合いを望みます。

 また、カルミネート(出生図の最も高い位置)の金星は「高い地位、カリスマ性、統率力」といった意味を持つ恒星レグルスと重なり、生まれながらの王としての資質を備えていることが示されています。

 持ち前の気さくさや旺盛なサービス精神、チャーミングさによって人気や支持を得、国民から慕われ、愛されるプリンスとなるでしょう。 
<TEXT/エル・アシュール PHOTO/Morfeo86ts>

エル・アシュール
占術研究家、神秘学研究家。日本占星学会主任講師。ACC認定エンジェリックチャネラー(R)。1998年より占術家としての活動を開始。雑誌やWeb等各種メディアで占い記事の執筆、ケータイ3キャリア公式占いサイト『宿縁の絆』『天使の預言』の監修を行う一方、 占星術やエンジェルオラクルカードの講座、ライフパーパスリーディング、エンジェル・リーディングなどの個人鑑定も行う。著書に『エンジェルカード・レッスン』(鉄人社)『ギリシア神話守護神占い』(青春出版社)、監修本に『奥様は魔女超シアワセ恋愛魔法BOOK』『スターウォーズ24キャラ占い』(講談社)がある。公式HP Angelic Guidance~天使の導き~ http://synastryhouse.com




あなたにおすすめ