♂&♀

美人マンガ家・峰なゆか「アソコを無毛にしたら、すごいことが起きました」

 より若く美しくありたい、という女性の願い。その願いは、顔、ボディ、肌のケアを経て、“最後の秘境”デリケートゾーン美容がスゴいことになっているらしい――。この分野の先駆者である高須クリニックの高須克弥院長(http://www.takasu.co.jp/)をナビゲーターに、シリーズでお伝えします。

峰なゆかさんも下を脱毛中



 若い女性の間で増えているという「デリケートゾーン美容」。週刊SPA!で連載中のマンガ『アラサーちゃん』にも、主人公・アラサーちゃんがアソコの完全脱毛に対する男の意識が激変していることに驚くシーンが登場しました。

峰なゆかさんと高須克弥院長 じつは同作品の作者、峰なゆかさん自身も、まさに今デリケートゾーン脱毛に挑戦中だそう。果たして、アソコをツルツルにすると何が起こるのか? 高須院長と峰さんが語り合いました。

毛がなくなったら、クンニ時間が2倍に!



高須院長(以下、高須):峰さんはどんなきっかけで、アンダーヘアを脱毛しようと思ったの?

峰なゆか(以下、峰):以前、雑誌の体験取材で「ブラジリアンワックス」をやったのがきっかけです。それまで、パイパンとかあんまり興味なかったんです。ロリ顔の子ならともかく、わたしみたいな熟女顔だとあんまりニーズもなさそうだなと思って(笑)。

高須:「陰毛はたくさん生えてるほうがいい!」と主張する男性も一定数いますからね。

峰なゆかさん:でも、一度ツルツルにしてみたら、自分の“スジ“があまりにも可愛くてビックリ(笑)。めっちゃ可愛かったんです。毛がないとピタッと締まるから気分もいい。大人になって忘れちゃてったけど、小学校の頃はこの密着感あった!と。

なんか、スッキリしてて気持ちいいなって思ったんです。衛生面でも良さそうですよね。毛がなくなるほうがにおいも薄くなるって聞いたし。

高須:たしかに、においは薄くなりますよ。毛がないほうが、雑菌も繁殖しづらくなる。中近東の人たちはツルツルにするのが美意識であり、マナー。暑い国でしょっちゅう風呂に入れないような環境だから、清潔に保てるようにという理由なのかもしれないよね。

:あと地味に嬉しかったのは、毛がなくなったおかげで、パンツをはいてもヘンな寝癖みたいなのがつかなくなったことです(笑)。

高須:毛がペターッと張り付いて、右に偏ったり、上に引っ張られたりするアレね。

高須克弥院長:男ウケとしてはどうなのかな……と正直、思ってたんです。でも、毛がないほうが圧倒的にクンニ時間が長くなるんです! ホントに2倍ぐらい違う。「毛があるほうがいい」と言っていた男も、やっぱり毛がないほうが長時間なめるんですよ!

高須:いくら「毛があるほうが好き」といっても、まさか股間にヤマアラシがいたり、マングローブの密林が広がっているとは想像もしていなかった……という男はけっこういるだろうね。

⇒【後編】「アソコの毛がある・ない…女性にとってどっちがトク?」に続く

【峰なゆかさん・プロフィール】
漫画家。アラサー世代の女性の恋愛観、SEX観を冷静に分析した作風が共感を呼び各誌で活躍中。「アラサーちゃん 無修正」(1~3巻、以下続刊)は累計40万部を超す人気作となり、14年7月には壇蜜主演でテレビドラマ化された

【高須克弥氏・プロフィール】
1945年生まれ、医学博士。メディアでもお馴染みの、美容外科の第一人者。最新の美容技術を、自ら試して普及することでも有名。『その健康法では「早死に」する!』『最新版 シミ・しわ・たるみを自分で治す本』など著書多数
高須クリニック http://www.takasu.co.jp/
参考:デリケートゾーンの悩み専用サイト「アクティブヘルス」 http://www.active-health.jp/

<TEXT/島影真奈美>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

あなたにおすすめ