Gourmet
Lifestyle

30~40代女性はズバ抜けて「カフェオーレ好き」。飲む頻度でタイプも違う

 世代によって、好きなタレントから好きなファッションブランドまで違うもの。実は、「好きな飲み物」まで世代差がある、ということが調査で判明しました(6月29日発表)。

30~40代女性は全項目でカフェオーレが1位



 グリコ乳業が20~60代の男女1,000人に行った調査によると、「好きな飲み物・毎日飲む飲み物・最もよく飲む飲み物」の3項目で、1位はすべて「緑茶」。ところが、30~40代女性に限ってみると、3項目すべて1位は「カフェオーレ」だったのです!

カフェオーレ女子 かくいう私も30代女で、ほぼ毎日カフェオーレを飲んでいます(家でインスタントコーヒー+牛乳をチンするのも含めて)。調査を見て、「えっ、20代はカフェオーレが1位じゃないの!?」とビックリしたぐらい。

 私たちの青春期には、コーヒーがまだフラペチーノだマキアートだと細分化されておらず、オシャレで女の子っぽい飲み物といえばカフェオーレだったのです。憧れのカフェオーレ・ボールを買ったはいいが、使わなくて煮物用小鉢になっちゃったという話もチラホラ……。

カフェオーレを「毎日飲むvs飲まない」で行動に違いが



 この調査では、さらに「カフェオーレ世代」の特徴を調べるために、30~40代女性10,000人にアンケートを取っています。

⇒【調査結果の詳細】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=300783

30代・40代女性のカフェオーレ飲用頻度 そして、

A・ほぼ毎日カフェオーレを飲む=14.5%→「カフェオーレ女子」と命名
B・カフェオーレを飲まない=15.0%→「非カフェオーレ女子」と命名

AとBのライフスタイルの違いを調査した結果、「カフェオーレ女子は甘いものとおしゃべりが好きな、いまどきの”ゆるふわ女子”」(グリコ乳業の分析)なんだそうです。30~40代で”ゆるふわ女子”を自称すると怖いですが、人に言われると悪い気はしないですね。

 AとBの行動の違いを一部ご紹介すると……

<行動・志向>

 ほぼすべての項目で、「カフェオーレ女子」(以下「カフェ女」)のほうがポイントが高い。なかでも、10ポイント以上高かったのは、「普段甘いものを食べる習慣がある」「食べ歩きが好きである」。

⇒【調査結果の詳細】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=300784

カフェオーレ女子の行動・志向<ちょっと嫌なことがあったときの行動>

 これも、ほぼすべての項目で「カフェ女」のほうがポイントが高い。10ポイント以上高かったのは、「甘いものを飲む・食べる」「家族・友人と話す」。

 逆に「非カフェ女子」が上回った項目は「あてはまるものはない」。嫌なことがあっても何もせず耐え忍んでいるのかしら?

 その他、「家事・仕事を頑張りたいときの行動」「リフレッシュしたいときの行動」などについても、ほぼすべての項目で「カフェ女」のほうが高ポイントでした。

 たしかに、「あ~今日はがんばって疲れた」というときに、「プリン食べちゃおう」「アロマ焚こう」「カフェオーレ飲んでホッとしよう」というのは同一線上かも。こう聞くと「カフェ女」って、いわゆる女子力が高そうなんですけどねぇ……。

<調査概要>
「好きな飲み物とライフスタイル調査」(グリコ乳業)
・調査対象:調査1)20~60代の男女1,000人(各500人ずつ)
調査2)30・40代の女性10,000人
・調査方法:いずれもインターネット調査
・調査日程:2015年5月15日~17日

<TEXT/女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ