Lifestyle

“都会デビュー”自慢に地元友達がドン引き。お盆で里帰りした時には気をつけて!

汚ブス研究家・KENJIの「内面美人への道」Vol.23

「暑いですねぇ?」が挨拶になりつつある今日この頃、いかがお過ごしかしら。

 ごきげんよう。汚(お)ブス研究家のKENJIよ。

 アタシが、最近気になることは……2015年3月に上京して、都会にちょっとだけ染まった大学生A子(19)の存在。

「東京では」連発に、地元の友達も苦笑



 ある日、地元の友達が東京に来るということで、A子含めて女子会を開くことになったの。そのうちに、A子が新人ツアコンばりに……

「東京じゃ当たり前よ!」「東京ではこれが流行っているんだから!」「東京ってね」と、一生懸命“地元と東京の違い”を説明しているの。

女子会

写真はイメージです

 例えば、

・ファッションやメークは、コレが今キテるの
・バスは、先払いで前から乗るんだよ
・ラッシュ時の電車はマジで覚悟が必要!
・繁華街を歩くときは、人を楯にして歩くのが鉄則!
・待ち合わせポジションは、渋谷だったらハチ公前だね!
・エスカレーターは……

KENJI氏

KENJIです!

 などなど、A子の“東京自慢”がエスカレートする前にココでやめておくわ!

 人に何かを教える事は、とてもいい事よ。でもね、その都度、アタシに「そうですよねっ? KENJIさん」って確認するわけ。

おだまりっ!!!

 今まで、散々自信たっぷりに教えていたのに、不安になったのか、アタシを利用して説得力を補おうとするの。

 環境がそうさせてしまったのかしら…。A子の態度に、地元の友達は苦笑い。“都会デビュー”の優越感がにおう内容ばかりで、ドン引きしているご様子でした。

 地元の友達が出てきたり、逆に里帰りして地元のお友達と会う時には、気をつけましょうね。

自分アピールがエスカレートすると……



 A子は大学生だから、まだ微笑ましいわね。でも、さらにエスカレートすると、こんなマウンティング女子になる危険性が……。

●汚ブス化すると、こうなっちゃうわよ

・「またナンパされちゃって。本当に東京の男ってしつこいのよね」
 →モテるアピール。

・「このクロエのバッグ、今季の新作なの」
 →新作をリアルタイムで身につけられるアピール。

・「お金よりも時間が欲しいわ……」
 →アナタとは格が違うざますアピール。

・「これはフランスのお塩。この時計はスイスのフランクミューラー。これは多分、LAの……」
 →家の中は“MADE IN 世界中”のモノであふれているアピール。

・「(セレブっぽい雰囲気の写真を見せながら)パーティに招待されちゃってぇ」
 →顔が広いアピール。

 自慢するつもりはないとしても、アナタが発した言葉で、相手がどう感じるのか少しは考えましょうねっ。

 アナタの周りの人が、A子予備軍かどうかを見分けるポイント。「これ海外で流行っているのよ」と伝えてみて! すぐ話に食いついたら……間違いなくA子遺伝子が入っている人でしょう。

⇒【YouTube】KENJIからのメッセージVol.23 http://joshi-spa.jp/310219

<TEXT/KENJI>

【KENJIプロフィール】
女子会に年間400回以上呼ばれるオネェ社長。その経験から、「思いやりのない人・ブスッとした表情の人・隙だらけの人」を“汚ブス”と称し、「汚ブス研究家」としての顔も。2014年には、『女子会のお作法 「汚ブス」にならないための39か条』を出版。現在、FBS福岡放送『クロ女子白書』にレギュラー出演中。
▼オフィシャルLINE BLOG & twitter
http://lineblog.me/kenji/
https://twitter.com/obusulabkenji

KENJI
汚ブス研究家KENJI(株式会社スリースマイル 代表取締役)。 年間400回以上もの女子会に呼ばれ2,000人以上の女子たちの相談に乗りながら、心の汚い女性=汚ブスを研究する 『汚ブス研究家』として、女性たちが心から美しくなれるアドバイスをしている。女性の生態知り尽くすKENJIはもともと大手芸能事務所で秘書やアイドルのマネージャーをしていたという謎の経歴を持つ人物でもある。テレビ出演なども多数。(※ほぼ週休2日で女子会・マダム会に参加!!) http://ameblo.jp/obusu-kenji/
女子会のお作法 「汚ブス」にならないための39か条

日本初! 女子会をテーマにした初めての本が登場! テレビで話題の「日本一女子会に呼ばれる社長」1年間に呼ばれた回数、408回! 2000人以上を感動させた「愛される」を実現する方法を伝授!!




あなたにおすすめ