Gourmet
News

デートを格上げ!全国の高級レストラン約350店が2000円~の定額料金で楽しめる

「プレミアムレストランをお得に楽しみたい!」と思う人に耳よりな情報です。7月31日から8月16日までの17日間「ジャパン・レストラン・ウィーク 2015サマープレミアムhttp://jrw.jp/)」が開催。今回から新潟が初参加となり、全国9エリア15都市の約350店舗で実施されます。

 リストランテ アルポルトやオテル・ドゥ・ミクニなどの名店やミシュランガイド掲載店など、普段なかなか行けないレストランがランチ2,000円または3,000円、ディナー5,000円または7,000円(いずれも税別・サービス料別)の定額料金で、気軽に体験できます。

JRW このイベントに先駆けて行われたメディア・ブロガー試食会では、参加店舗の一つ「szechwan restaurant陳」のディナー7,000円のコースが振舞われ、料理5品、デザートと本格的な四川料理を堪能してきました!

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=322087

チャイニーズ<チャイニーズオードブル>
夏野菜を少しずつ食べられる女子にうれしい前菜。中央には、ジュレのなかにフカヒレが!7月8月とその時期の旬に合わせてオードブルの内容も変更になる。

<アワビとエビの夏野菜翡翠炒め>
何とアワビを贅沢に丸ごと1個食べられる一皿。夏にぴったりの緑色の涼しげな見た目も食欲をそそる。大きなアワビを噛むと、歯ごたえのある食感とあふれ出る旨みで至福の時間が訪れる。エビも大きめで大満足間違いナシ!

<吉切ザメフカヒレ姿煮 醤油煮込み>
コリコリとした食感が魅力の吉切ザメの胸びれを使った姿煮。通常、szechwan restaurant陳で出されているものとは別のものを使っているので、いつも利用している人にもまた違った味わいが楽しめる。

<牛ヒレ肉のスパイシー香り炒め>
パウダー状のスパイス衣をまとった牛ヒレ肉なので、カリッとした食感でいただける。夏に食欲をそそるスパイシーな味付けで、四川料理らしい辛さを堪能できる。

<陳健一のマーボードウフ御膳>または<タンタンメン>または<カニレタスチャーハン>
ごはん・めん類は3種類の中からお好みをチョイス。実はこのほかに、裏メニューとして「タンメン」も用意されている。辛いのが苦手な人はお店の人にこっそり頼んでみよう。

<アンニンドウフ~アイスクリーム添え>
辛いものが続いたあとはアンニンドウフでお口を甘くおだやかに。アイスクリームが添えられているのが夏にはうれしい。食後をさっぱりとしたおいしさで締めくくれる。

 この内容を見てわかるように、豪華食材を使った料理が目白押し。「szechwan restaurant陳」の夜のコースは通常10,000円からとなっているだけに、お得度がどれだけ高いかがわかる。

 これだけお得ならば利用しない手はない! ジャパン・レストラン・ウィーク実行委員会事務局の藤本千穂さんおすすめの利用方法は?

「デートや女子会ディナーに気軽に使ってほしいですね。彼といい雰囲気で食事できるようにおねだりしてみては? 女子会では、私自身そうなのですが、男友達と食事するときより単価の高いお店を選ぶので、このイベントはぴったり。空間と調和するようにおしゃれして足を運んでみてください。また、たまには両親にごちそうしてみるのもいいですね」

 今回の「szechwan restaurant陳」の試食会に参加した女子ブロガーに話を聞くと、「平日の女子会や土日のデートに利用する予定。デートでは行きたいお店を自分で予約しようと思います(笑)」(30代女性ブロガー)、「よりお得なランチを10軒くらいまわりたいですね」(40代女性ブロガー)と積極的な意見が多数。

 予約は早くも始まっていて、日時によってはすでに埋まっている店舗もある。予約は公式サイトからのWeb予約か各店舗の電話で受け付けている。さっそく参加店舗とコースの内容をWebサイトでチェックしてみよう!

●ジャパン・レストラン・ウィーク
http://jrw.jp/
7月31日~8月16日

<TEXT/女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ