Lifestyle

得意の英語が通じない! がんばりすぎてスベってる男性の言動10

 男性がかっこいいと思っている言動が、女性からは大不評ということはよくある。そこで、20代OL100人に聞いた、「理解しがたい男性のバカ言動 part2」を紹介しよう。

それ、笑い話のつもり?



「テレビなどに影響されて、シェアハウスに惹かれる」(51pt)というミーハー男性には、「アラフォーのくせに夢見すぎ。自らバカと呼んでほしがっているとしか思えない」(25歳・デザイン)と、完全にネタ扱い。

「タイで女を買った話が、明らかにレディボーイ(ニューハーフ)」(49pt)に関しては、「自虐ネタのつもりか知らないけど通じるのはおっさんだけ」(24歳・印刷)と笑い話のつもりが逆効果になっている。

「遠回しすぎて、口説いていることが伝わらず、何年かしてからその事実を明かしてくる」(48pt)には、「そこでなぜドヤってるのかがわからない。だから何?」(28歳・商社)。

「ベンチにハンカチを敷くなど、やりすぎなレディファースト」(48pt)についても、「他人のふりをしたくなった」(27歳・小売)など、紳士気取りのバカ男には呆れるばかりだ。

得意のはずが通じない



 中途半端なインテリアピールも大不評で、

「外国人観光客に道を聞かれたときに前々から得意と豪語していた英語で受け答えするも、まったく通じなかった会社の先輩。『イギリス英語だったのかな?』って……絶対そんな問題じゃない。中途半端が一番見苦しい。ネイティブ並みに喋れる自信がないのなら日本語を貫け!」(29歳・運輸)。

得意のはずが通じない「『スラムダンクは100回以上読んだね』とか、なぜ自慢げにそんなことを男は語るのだろうか。どうせ引用するなら論語ぐらい語ってみせろ」(26歳・マスコミ)と一喝。

 そして、ファッションやカルチャーの志向でも常にバカ度を値踏みされていることを、男性は忘れてはいけない。

「EXILE風ツーブロックが3人揃った合コンは今でも語り草になっている」(26歳・通信)と見た目は強烈なインパクトを残す一方、「いい年して村上春樹に傾倒する中年男性には心底『やれやれ』と思う」(26歳・小売)と趣味でバッサリと切られることもある。

 女性の品定めは男よりも無慈悲で不条理なのかもしれない。

====

「バカに見える男性の言動 part2」

・テレビなどに影響されて、シェアハウスに惹かれる 51pt

・タイで女を買った話が、明らかにレディボーイ(ニューハーフ) 49pt

・遠回しすぎて、口説いていることが伝わらず、何年かしてからその事実を明かしてくる 48pt

・ベンチにハンカチを敷くなど、やりすぎなレディファースト 48pt

・タイから帰国直後の男性が、タイ料理屋で得意げにタイ語を披露するも店員になかなか通じない 46pt

・「大切なことは漫画から学んだ」と豪語 46pt

・窓や鑑の前では身だしなみチェック 41pt

・和気あいあいと男女交えたフットサルで、やたらと本気の男 39pt

・おろしたての靴なのに、井の頭公園に連れて行く 35pt

・だいたいいつも深爪 34pt

―あなたをバカに見せる言動【9】―




あなたにおすすめ