Beauty

えっ、エステの“もみだし”は痩せない?定番ダイエットを医者が斬る

 さまざまなダイエット法やアンチエイジング美容法が日々登場しています。でも、これってホントに効果があるの? 医者として美を追求してきた高須クリニックの高須克弥院長(http://www.takasu.co.jp/)をナビゲーターに、シリーズでお伝えします。教えて、かっちゃん!!

脂肪のもみだし

あのダイエット法、ホントに効果はあるのか?



Q.エステでよく見かける「脂肪のもみだし」ってホントに脂肪が減るんですか?

A. 一般的に言われるもみだしの効果は「脂肪を減らすこと」。ところが、高須院長は「いくら外からもんでも脂肪は減らないよ」とキッパリ。

 もみだしのあと、実際にちょっと細くなったりするのは、水分が減ったり移動しているだけのことだそうです。

「暖房のきいた部屋で体をもみほぐすと汗をかくし、むくみもとれるからやせたような気分になる。でも、実際には脂肪は減っていないし、水を飲むとすぐ戻ります」(同)

 このことはテレビ番組(NHK「ためしてガッテン」2011年8月31日放送)でも検証していて、エステサロン自身が「脂肪ではなく水分が減るだけ」と言っていました…。

「そもそも、エステサロンでは厚生労働省によって医療行為にあたる一切を禁止されてます。つまり、やっていいのは“効くのか効かないのかわからないこと”だけ。もし確実にやせたら、たちまち薬事法違反で取り締まられちゃいますよ」(同)

Q.では、むくみをとるためのリンパマッサージは効果がある?

高須院長

高須院長

A.「リンパの流れを良くし、むくみを解消するという意味では一定の効果がありますが、だからといってやせるわけじゃない」と高須院長。

 むくみとは、脚などの末端にリンパ液や水分が溜まってしまうこと。それを心臓のほうに押し戻すことで、むくみがとれて見た目には細くなるわけです。

「でも翌日には元に戻っちゃうわけだから、やせたわけではないよね」(同)。

 むくみとりは毎日やらないとダメなんですね。

寄せて上げても、胸にはならない



Q.「矯正下着」をつけてると、体が自然と理想のプロポーションになれるというのは?

A.「なるわけないじゃない! きついパンツを履いたら、おなかにパンツのゴム紐の跡がつくのを『やせた!』と大騒ぎするようなものですよ」(同)

 でも、背中や脇の“はみ肉”を集めてブラジャーに収めているうちに、バストアップして大きくなるという話をよく聞きますが……。

「そんなバカな。だって、背中や脇の脂肪細胞は、そこにくっついてるんだよ? なんで細胞が胸に移動するのよ。

 脂肪吸引で背中などの脂肪を取って、バストに注入するなら、細胞が移動するから胸を大きくすることはできますよ。でも、一生懸命寄せてあげたからって、“はみ肉”が胸にはならない。『鼻の穴の位置が気に入らないから』と長時間、指で押し上げてたからといって、鼻の穴の位置が動いたりしないでしょ?」(同)

Q.逆に、矯正下着をつけると筋肉が衰え、かえって体がブヨブヨになってしまう可能性は?

A.「ありえますね。椎間板ヘルニアや腰椎の圧迫骨折などの治療時には腰まわりの筋肉が弱るからコルセットでサポートします。でも、つけっぱなしにすると、ますます筋肉が弱ってしまうから、ある程度のところでコルセットを外して筋肉を鍛える必要がある。矯正下着もずっとつけてたら、同じように筋肉が弱り、体はたるんでいくはずです」(同)

Q.急激にやせると、皮膚がたるみやすくなるというのはホント?

入谷先生(1)

入谷先生

「本当です。最近、短期間でやせられるというプライベートジムが話題になっていますが、1カ月で10kgも、20kgもやせたら、お腹まわりの皮はダルダルになってしまうはずです」(同院形成外科、入谷英里先生)

 ゆっくりやせれば、皮膚も縮んでいきますか?
「残念ながら、あまりにも伸びてしまった皮膚は、戻りません。もとに戻すには余った皮膚を切り取って、縫い縮めるしかないんです」(同)

伸びてしまった皮膚

今年3月にネットで話題になった投稿。6年で122kgやせたMatt Diazさんが、たるんだ皮膚を公開して涙の告白(tumblerより)



【高須克弥氏・プロフィール】
1945年生まれ、医学博士。メディアでもお馴染みの、美容外科の第一人者。最新の美容技術を、自ら試して普及することでも有名。『その健康法では「早死に」する!』『最新版 シミ・しわ・たるみを自分で治す本』など著書多数
高須クリニック http://www.takasu.co.jp/
参考:デリケートゾーンの悩み専用サイト「アクティブヘルス」http://www.active-health.jp/

<TEXT/島影真奈美>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

あなたにおすすめ