Gourmet

実は「お赤飯」は炊飯器でカンタンに作れる

 ハレじゃなくても、お赤飯。

 お祝い飯のシンボルといえば「お赤飯」。モチモチ滋味たっぷりで美味しいですよね。祝時がなくとも、たまに無性に食べたくなることはありませんか? 実はこのお赤飯、栄養的にも吉。アンチエイジングに効果的なポリフェノールがたっぷり含まれていますから、もっと積極的に食べたいところ。しかし、外食では中々ありつけませんから、好きな時に自炊できたら喜びもひとしおでしょう。
お赤飯

モチモチふっくらお赤飯が完成



 そこで今回は、自宅で簡単!「絶品お赤飯」の作り方をご紹介。

 コクがあるのに、さらっと美味しいお赤飯。実は炊飯器でカンタンに作ることができるのです。豆や米を半日浸水させる必要はありませんし、せいろや蒸し器だって要りません!

お祝い事以外にも魔除けや厄払いに



 お赤飯のめでたい秘密は「赤色」にありました。古来より「赤」は、邪気を払い、厄を除けるパワーがあるとされていたため、魔除けの意味から慶事や弔事で食べられるようになったようです。

 ですから、祝時はもちろんのこと、運気を変えたい時、恋人の浮気防止などにも功を奏すのかもしれません。また、毎月1日にお赤飯を食べて、新しい月の無事を祈る「おついたち」という慣習もあります。

お祝いには「ささげ」、美容には「あずき」



 お赤飯で使う「豆」と言えば、基本は「ささげ」。最近では、手頃な値段で手に入りやすい「あずき」を使う人も増えています。栄養や味の点で大差はありませんから、美容飯として考えるなら「あずき」で十分。一方、人を祝うハレの日には、「ささげ」を使いましょう。「あずき」は皮が薄いため、炊いている時に割けて崩れてしまうリスクが。割けた豆は「切腹」を連想させるため、縁起が良くないとも。ニーズによって賢く使い分けましょう。

お赤飯

炊飯器で作る、絶品お赤飯の作り方



 それでは早速レシピをご紹介。ポイントは2つ。「空気を入れながら豆を煮る」ことと、「お湯で炊く」ことです。

<材料4人分>
・もち米 3合
・ささげ 1/2カップ
・水 5カップ
・砂糖 大さじ1
・塩 小さじ1/2
・ごま塩 適宜

<作り方>
⇒【画像】はこちら http://joshi-spa.jp/?attachment_id=35564

(1)もち米を研いで、ザルにあげておく。

(2)ささげをさっと洗って鍋に入れ、水5カップを加えて火にかける。沸騰してきたら、火加減を中弱に保ち、20分~40分煮る。時々お箸で豆をかき混ぜ、煮汁を空気に触れさせる。こうすることで、豆の赤色が鮮やかに発色するため、綺麗な仕上がりに。

お赤飯(3)新豆の場合は20分程度でOKだが、古豆の場合は30分以上煮ること。硬さの加減は、一粒取り出してみて、手で潰れるくらい。崩れるまで煮るのはNG。

お赤飯(4)火を止めてザルに豆を取り出し、煮汁をボールでキャッチする。

お赤飯(5)研いでおいたもち米を炊飯器の釜に入れ、「おこわ3合」のラインまで熱い煮汁を注ぐ。おこわのラインがない場合、白米3合のラインより3~4ミリ下に合わせる(5合炊きの場合)。湯量が足りない場合はお湯を足す。お湯で炊くことで、ベタつきを防ぐことができる。砂糖と塩を加え、軽く混ぜ、豆を上に乗せてフタをし、通常の「白米コース」で炊く。

お赤飯

(6)炊き上がったら、軽くかき混ぜて数分蒸らせば完成。お好みの器に盛り、ごま塩を振って召し上がれ。
お赤飯

モチモチふっくらお赤飯が完成



ごま塩は、自宅で作るのが一番美味しい



お赤飯 市販のごま塩でも良いですが、風味や栄養の面からすれば、自作がベスト。すり鉢さえあればカンタンに作ることができます。黒ゴマと塩(天然塩を選ぶこと)を15対1の割合で混ぜ、丁寧にすり合わせればOK。

 さあ、レシピをマスターして、お赤飯を得意料理にしちゃいましょう。慣れてきたら豆量を変えたり、雑穀を入れて栄養価を高めることも楽しんで!

<TEXT/料理研究家・スギアカツキ>




あなたにおすすめ