Beauty
Lifestyle

下半身デブ/スリムに見える「ブーツとボトムス」の選び方

 雑誌や広告でも活躍しながら、私たち一般人のスタイリングもして巷の女子たちの救世主となっているスタイリストの山本あきこさん。書籍『いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜだかおしゃれに見える』も大ヒット中の彼女と、メンズ向けのおしゃれ理論本『最速でおしゃれに見せる方法』で大注目のメンズバイヤー&ブロガーMB氏が初対談。

 第1回は「今このファッションはナシ!捨てるべきアイテムをプロに聞く」として、もう捨てるべきアイテムについて取り上げましたが、第2回目は引き続きNGアイテムと、今取り入れるべきモテコーデについてお話をうかがいます!

MB_山本あきこ

ミドル丈ブーツは危険!ショートかブーティを



山本:女性は思い入れのあるものって毛玉や汚れがあっても捨てないんですけど、思い切るのが大事。「これカシミアだし意外と高かったしブランドだし」って思うところを振り切ってほしい。

MB:清潔感は基本ですよね。汚れてるエルメスだったらきれいなユニクロのほうがいい

山本:本当にそう思います。あと最近またよく見て危険だと思うのが、ミドル丈のブーツで折り返すとファーになったりするもの。

MB:一時期流行りましたね。

山本:お客さんでまだ持ってる方が意外と多くて。ミドル丈はふくらはぎの一番太いところでとまるので、しかもファーがついてると思いっきりあの「ししゃも」部分…ふくらはぎの太い部分を強調するんです。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=387139

折り返すとファー

折り返すとファーのついているブーツ

 だったらもうショートかアンクルブーツ、ブーティぐらいにしちゃおうよってよく提案しますね。よくあるムートンブーツもショートをおすすめします。

SPA!:ムートンブーツって男子受けが悪いとよく聞きますが…。

MB:色気はないですよね。すごい守られてる感があって。

山本:守られてる感…なるほど。

MB:ブーツならブーティがいい。色気ありますよ。

ブーティpitti

ブーティなら脚の一番細い部分=足首が隠れない(pitti)

カッコいいガウチョの着こなし方



SPA!:ボトムスでは最近ワイドやガウチョが流行っていますがどうでしょうか? ガウチョ非モテ説ありますね。

MB:そう言う人もいます、カッコよすぎるのかな? デニムのガウチョは男子目線で見るとそんなにそそられないんですけど、ツヤのあるドレスっぽいガウチョならすごくいいなあと思いますよ。

山本:確かにデニムのガウチョはウエスタンになりますよね。でも「私は背が低いのでガウチョパンツ履けない」という方結構いるんですが、ウエスト位置を高く見せてヒールを合わせることでカッコよくはきこなせます。ジャストウエストでウエスト位置見せてあげれば大丈夫。

MB:男子的にもそういう感じなら全然オッケーです。

山本さんガウチョ

山本さんのInstagramより。ガウチョはジャストウエスト+高い靴で。全身ZARAだそうです!

レギンスは、超スタイルがいい人限定



山本:他にボトムスだと、サイドや裾にかけてギャザーあるパンツとかがちょっと…。それでストレッチ素材だったりして。量販店さん系とかにあるんです。

MB:ありますね~。

山本:あとはレギパン。

MB:ああーわかります…。男性目線でもいまいちですね。

山本:あれはものすごくスタイルがいい人限定だと思います。

SPA!:肉拾うし…。

山本:そう。それにレギパンってインにできないんですよ。インにもアウトにもできるパンツじゃないと使えない。

チュニックレギパン

今でもけっこう見かける「チュニック+レギンス」

SPA!:チュニック合わせる人が多いですよね。

山本:チュニックってまだ人気があるんですけど体を全部隠してしまうのがよくない。女性ってそういうものだと思うんですが、楽な格好しているとそれに体が合ってきちゃうんです。

 なので私は何でもジャストで着るのをお勧めしています。それにレギパンって上がボリュームがあるものや長いものじゃないと対応できない、ということはそれでしか使えず着回しができないんです。

 後編「太脚でもOK! デニムをカッコよくはきこなす鉄板ルール」では、MBさんと山本あきこさんが、ちょっと足の太さに自信がない方も、カッコよくデニムをはきこなす具体的なテクニックをご紹介します。

<取材・文/ありまみほ 撮影/難波雄史>

【山本あきこ】
スタイリスト。証券会社、アパレル販売を経て、女性誌の専属アシスタントに。26歳で独立し、雑誌、広告などのスタイリングを手掛ける。これまでにつくってきたスタイルは1万コーディネート以上。近況や個人向けのサービスはブログ『Roccostyle.』にて紹介。2015年4月に発売した書籍『いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜだかおしゃれに見える』(ダイヤモンド社)がロングセラーに。公式サイト http://www.rocco-style.com/

【MB】
メンズファッションのバイヤー(レディスのキャリアもあり)。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。年間取引量は億を超える。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」は、女性が読んでも参考になる。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』を扶桑社より発売

ありまみほ
三十路子持ちライター。30代向けファッション誌等で執筆中のほか、別名で占い師としてもひそかに活動し現在2誌に連載中。
いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える

「シンプルでプレーンな服」をどれだけ持っているかでおしゃれは決まる!
予約の取れないスタイリスト、初の一冊!!

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」を人気バイヤーMB氏が解き明かす。お金もセンスもファッション誌もいらない!




あなたにおすすめ