Love

男性からの夜のお誘い「ソソられる/ソソられない」セリフとは?【OL500人の声】

 気になる男性と飲んでいて、そろそろ終電…そんなときに、男性からのお誘いの言葉によっては、「その気」になったり、ソッコーで帰りたくなったりするもの。

 では世の女性たちが体験した、グッとくる男性からの誘い文句とはなにか? 22~35歳の未婚OL500人に、「ソソられる/ソソられない」男性からのお誘いについて聞いてみた。

誘う

露骨に誘う男はNG



「ホテルに行こう」(120人)、「ストレートに『したい』と伝える」(95人)には、「『一緒にいたい』やキスは愛がある感じでいいけど、ホテルなどのワードはさすがに気乗りしない」(29歳・金融)。

「『もうちょっと付き合ってくれたら嬉しいな』など、『○○してくれたら俺が助かる・光栄だ』という言い方をする」(心理コンサルタントの和中敏郎氏)という誘い方は、押し付けがましくないし、たしかに好感度が高いかも。

====
●ソソられない

・2軒目として「BARに行く? それともホテルに行く?」と冗談交じりに誘う 183人

・終電を逃した後に、「タクシーに乗るくらいならホテルに泊まるほうが安上がりだよ」と言って誘う 155人

・「ホテルで飲み直そう」と言って誘う 130人

・ストレートに「ホテル(家)に行こう」と伝える 120人

・「一緒にお風呂に入ろうよ」と軽く甘えつつホテルに誘う 109人

・「何もしないからホテルでゆっくり寝ようよ」と言って誘う 102人

・ストレートに「したい」と伝える 95人

====

OKしやすい「理由」を作ってほしい



 女性に人気の誘い文句は、定番の「もっと一緒にいたい」(403人)、「キスしたい」(281人)など。

 また、押しの一手として高評価だったのが「料理が得意と前振りして、『朝飯作るよ』と家に呼ぶ」(279人)。

 これには「女子的にはなにかしら理由があるほうが、夜を共にしやすい。なかでも『朝ご飯を作る』という紳士ぶりは村上春樹の小説みたいでグッとくる」(30歳・印刷)と、ダイレクトすぎない誘い方がいいみたい。

“決めのひと言”は、やっぱりオブラートに包んで言ってほしいですよね。

====
●ソソられる

・ストレートに「もっと一緒にいたい」と伝える 403人

・ストレートに「キスしたい」と伝える 281人

・料理が得意という話を振ったうえで、「じゃあ明日の朝飯作ってあげるよ」と自宅へ誘う 279人

・「帰るの面倒だからオレはホテルに泊まってくね」と決定事項として伝えたうえで、「一緒に来る?」と誘う 269人

・「いいワインもらったから飲みに来なよ」と自宅へ誘う 257人

・下ネタで盛り上がったあとに、「じゃあ試してみる?」と冗談交じりに誘う 252人

・何も言わずに手を引き、ホテルに向かう 251人

====

※アンケート対象
全国の都市部に暮らす22~35歳の未婚OL500人に調査。各言動に対し過半数以上の票を集めたものを「ソソられる」と認定。

―[ソソられる男/ソソられない男]の境界線【13】―




あなたにおすすめ