♂&♀

「出会い喫茶」に通う素人女性たちがLINEで援交ネットワークを形成!?

 昨今、出会い系アプリの利用者が増える一方で、密かに若い女性のあいだで広まっているのが、「出会い喫茶」だ。男性客が好きな女性客を選んでお店の外へデートに連れ出せるシステムで、女性の利用者はOLや学生が多いようだが、「交通費」としてお小遣いを渡すことになっているため、援交目的で利用する女性が増えているという。

 男性記者がとあるお店に潜入し、そこで出会った常連の女性・エミさん(仮名・22歳)に話を聞いた。

出会い喫茶

女性客に広がる“LINE援交ネットワーク”



「同じ店に何度か通えば『あのコ、いつもいるな』ってわかるし、そういうコはだいたいエンコー目的だから、いつの間にか仲良くなったりするんだよね」とエミさん。

 店で出会った男性に対し、「ホテルに移動するか、個室タイプなら店内で手や口でヌクこともある」そうで、最近では彼女のような女性たちが互いにLINEの連絡先を交換して、援交ネットワークを形成しているようだ。

「同じ目的のコたち10人くらいでLINEのグループをつくって、店の混雑状況を教えてもらったりする。『渋谷の○○は今、女が少ないから狙い目』とか『新宿の○○はカネ払いよさげなオヤジ多い』って情報を教え合う。

 あとは紹介。こういう店で出会う客って同じコをあんまりリピートしないから『40代のオッサンだけど、どう?』ってほかのコにパス。OKが出たコのLINEを教える。男側も直接連絡先がわかれば店に払うカネをケチれるから都合いいみたい」

 また、近頃では中国人女性の集団も出会い喫茶を活用中だとか。

「半年ほど前から中国人女性が来店し始め、一人が来ると友達を次々に誘って、いつしか十数人の集団で居座るようになりました。彼女らは店以外でも出会い系サイトとかを使って、客を探しているようです。客を見つけたらメンバーの誰かが会いに外出し、終わればまた戻ってくる。問題にならない限りは追い出さないつもりですが……」(新宿の出会い喫茶店長)

“プロ”の女性も利用している出会い喫茶。お小遣い稼ぎのつもりが、とんでもないトラブルに巻き込まれてしまうかもしれないので、くれぐれも注意してもらいたいものだ。

― 素人援交サークル潜入ルポ 【7】 ―




あなたにおすすめ