Love

クリスマスまでに彼氏がほしい!でも、恋愛対象外の人から告白されても付き合う?

 クリスマスが間近に迫ったこの時期。イルミネーションを眺めつつ手をつないで歩きたい! 分厚い手袋よりも、手をつないで温めてくれる恋人がほしい! なんて思ってしまうシングルの方々も多いのではないでしょうか。

 そんなときに全く意識をしていなかった人から、突然告白をされたらどうしますか? LCラブコスメが運営する「ラブリサーチ」が会員女性を対象に、『異性として見ていなかった男性からの突然の告白。あなたならどうしますか?』と質問をしたところ、65%の方が友達から始める、23%の方が断る、12%の方が付き合うという結果になりました。付き合うと答えた方が1割というのが意外でした。もう少し多いかと思ったのですが、急に告白されても…ということなのでしょうか。

恋愛対象外の男性から告白されたら… そこで、付き合う方がいいのか、すっぱり断った方がいいのか…。アンケート結果をもとにそれぞれの選択について考えていきたいと思います。

===============
Q.異性として見ていなかった男性からの突然の告白。あなたならどうしますか?

・友達から始める(74名)
・断る(27名)
・付き合う(14名)

回答時期:2015-09-25~2015-10-02
総回答数:115名
===============

友達から始める



・お互いのことを知り合う時間が必要だと思う
・この人とキスやそれ以上のことができるのか、一度ゆっくり考えたい
・告白を機に異性として意識をし始めることで、その人の魅力に気付けるかもしれないから


 半数以上の方は、「急に恋人になるのは抵抗があるけど、せっかく告白をしてくれたのだから考えてみようかな」と感じるようです。とにかく相手のことを知って、その人に魅力を感じたら付き合ってみようという考えなのでしょう。

 友達と恋人の大きな違いはスキンシップ。「この人とキスしたいな」「一緒にベッドに入れるかな?」と探る時間はとても大切です。「いい人だけどキスはちょっと…」と思ってしまうのなら、友達として付き合う方がいいかもしれません。

 とにかく友達から始めるというのは、リスクが少ない一番安全で安心な流れだと思いますので、告白してくれた男性がどうしても苦手! ということでなければこの選択をおススメします!

断る



・自分が好きな人としか付き合いたくないから
・告白された段階で、友達の関係になるのは無理。だからと言って好きではない人と付き合うことはできません。だから、はっきり断ります


 筆者はまさしくこのタイプでした! 相手に好意を持たれるといい方にではなく、避ける方に意識してしまうのです。そのため、自分が好きな人としか付き合いたくないという気持ちもよく分かります。

 しかし、逆の立場になったときのことを考えてみてください。精一杯勇気をだして男性に告白をしても、「僕は好きじゃない」とフラれてしまったら…。

「一度付き合って、私のことを知って!」と思いませんか? もし相手が大嫌いでないなら、友達にならなくてもいいので一度くらい相手を知るためにデートをしてもいいかもしれません。いくつかの少ないチャンスをみすみす逃した筆者はそう思います!

付き合う



・「異性としてみれない」なんて理由で恋のチャンスを失うのはもったいない
・「好き」と言われたら、その時点でその人のことを異性として意識すると思うので
・付き合ってみなくちゃわからない


 付き合うと答えた方々は潔いですね!「断る」という選択もそれはそれで潔いのですが、「恋のチャンスを失うのはもったいない」というコメントに内気な筆者は目から鱗でした。すごく前向きな考えだと思うのです。

 もちろん簡単にYesと答えることのリスクもありますよね。まずどんな人か分からないのに、親密にはなれません。でも、別のコメントのように「付き合ってみなくちゃわからない」というのにも確かに…と頷いてしまいます。

 付き合ってから、お互いのことを知っていく…というのも、なかなかスリリングですが日々発見があるかもしれません。相手を知らなくても、「付き合う」と直感で決めたときには、相手のことを受け入れているということです。女性は第六感が優れているといいますが、言葉では説明できないけれど、「付き合ってもいいかも」と感じた自分を信じてみてもいいかもしれません。

 恋愛対象外の相手から告白されたとき、断るのも付き合うのもみなさん次第ですが、スペシャルな存在になる可能性のある相手であることは間違いありません。自分を好いてくれた相手に少しだけでも向き合って、後悔しない選択をしてくださいね! 筆者は、しない後悔よりも、した後悔の方が、前向きな気がします!

▼ライター:今西祐子さんプロフィール
東京都出身の女性映画監督・脚本家。2001年に『小さな恋』で監督デビュー。これまでの監督作品は『オアシス』『きみとみる風景』など。人とのかかわりや、心の傷を繊細に描いた作品に定評がある。エルシーラブコスメティックのオリジナル恋愛ドラマ『ラブコスメガールズ』の脚本および監督も務めた。

<コンテンツ提供/ラブリサーチ>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【ラブリサーチ】
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。
★年下男性と恋に落ちるタイプの女性に共通する3つの特徴
★年上女性は恋愛対象外?20代男性の恋愛観って…
★モテ期は作れる?!モテ期の引き寄せ方法と有効活用法




あなたにおすすめ