Gourmet

春のダイエット食「グリンピースごはん」がマズくなる原因と激ウマのコツ3

 苦手な人にこそ、食べて欲しい。  春野菜のおいしい季節が到来。やわらかい食感とみずみずしさ、甘さやほろ苦さは、この時期だけにしかない特有の魅力ですが、中には、多くの人に「マズイ!」と誤解されている野菜があります。  その野菜こそが、「グリンピース」。しかし実はこれ、残念すぎる大誤解! 調理法が間違っているだけなのです!  そこで今回は、嫌いな人にこそ食べていただきたい、これまでの概念を刷新する、超おいしい「グリンピースごはん」のレシピをご紹介します。 グリンピースごはん

マズイと言ってごめんなさい! 超おいしい「グリンピースごはん」を作るコツ

 難しいことは一切不要。以下3つの「余計なこと」をやらなければ、誰でもカンタンにおいしく炊くことができてしまうんです。 (余計なこと1)カツオだしやコンブだしで炊く。 →青豆が持つ香りやうまみがボケてしまう。 ◎正解:ダシは使わずに炊く! (余計なこと2)炊飯器の普通コースで炊く。 →グリンピースが柔らかくなりすぎてマズくなる。 ◎正解:早炊きコースで炊く! (余計なこと3)グリンピースを別ゆでして後で加える。 →豆の出汁が全く生かされないのでおいしくない。 ◎正解:シワはうまみが出る証拠! 一緒に短時間で炊く!
次のページ 
超簡単グリーンピースごはんの作り方
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ