Entertainment
News

「パクリ、男尊女卑」と炎上中の自民党の漫画。ダメっぷりを漫画の専門家に聞いた

 自民党の作った18歳選挙パンフレット『国に届け』の漫画『軽いノリじゃダメですか?』がたいへん残念な出来でネットで話題になっています。

軽いノリじゃダメですか?

『軽いノリじゃダメですか?』より https://www.jimin.jp/18voice/kuninitodoke/

 内容は、ドジッ子の主人公・アスカが、オレ様生徒会長・浅倉くんと仲良くなるために参院選の投票に行くというもの。

好きな浅倉くんが話していた参院選に興味を持つアスカ

主人公・アスカは参院選のことすら知らないという設定/『軽いノリじゃダメですか?』より https://www.jimin.jp/18voice/kuninitodoke/

 パンフレットのタイトル『国に届け』も、どこかで聞いた気がします。Twitterでは「パクりに男尊女卑。おじいさん達が考えることはこの程度」「設定が最低だよね。いつまでたっても女の子はバカでいて欲しいっていう妄想炸裂だな」、とさんざんな評価です。

 学園モノ、ドジッ子女子、オレ様男子と、一見少女漫画の王道を押さえているかのように見えるこの漫画ですが、いったいなぜこのような批判の嵐にさらされているのでしょう。少女漫画マイスターの和久井香菜子さんに聞いてみました。

少女漫画風だけど読者不在



ターゲットがハッキリしないのが、批判が大きい理由でしょう。漫画には明確にジェンダーがあります。話の内容も、絵柄も、キャラ設定も、男女で好みがまったく異なるんです。しかしこの漫画はターゲットが男子なのか女子なのかわからないので、どちらからも共感を得にくい。『国に届け』は明らかに『君に届け』のパクリですが、内容がよければ批判にはつながらなかったはずです」

 たしかに、少女漫画風ではありますが、本作を手掛けたのは少年漫画を得意とする男性作家、中武士竜さんです。ただ、少女マンガの王道ともいえる設定なので仮に女子向けだとして批評していただくと……。

次のページ 
オレ様キャラをはき違えている

1
2
3




あなたにおすすめ