付き合っても自分のペースを乱されない関係をキープする方法

「恋愛や結婚はコスパ(コストパフォーマンス=CP)が悪い」という考えは、メディアで10代20代の男性に多いとされていますが、女性でも共感する人は多いのではないでしょうか?

恋愛はコスパが悪い?



 違うところは、男性は「コスト(C)が上がることが嫌だ」と考える人が多い傾向にあり、女性は「他のパフォーマンス(P)が下がることが嫌だ」と考える人が多い傾向にある気がします。

恋愛 この「他のパフォーマンス(P)が下がることが嫌だ」という考えに関しては、私自身もかなり共感しています。仕事も、本業以外の活動(イベントやNPOへの参加等)も、趣味も、友人付き合いも、女子会も、一人の時間も、全て充実していて毎日とても楽しく過ごしています。

 だから、それらのパフォーマンスを下げる恋愛なんてしたくないのが正直なところ。まさに恋人付き合いや結婚が向いていない現代人の典型例と言えますね(笑)。

「それ、私のことだ!」と感じた人もいるのではないでしょうか?

自分のペースを乱される恋愛は嫌



 このように、現在の生活で既にかなり高いパフォーマンス(P)を実現できている中で、恋人付き合いや結婚という制約の多い「固定型」の人付き合いが入ってくると、自分のペースを乱される場合や、何かを犠牲にしなければならない場合が多々あります。そうすると、現在の生活で得られているパフォーマンス(P)が下がりかねないのです。

恋愛2 それがストレスになってしまうことも少なくありません。そのようなことが続くと、「相手のことが嫌いではないけれど、付き合うのが重荷」という気持ちになるのも当然ですね。日本人のコミュニケーションがダラダラしがちなのも非常に厄介です。

 一方の友人付き合いの場合は、決まり事や役割等がほとんどなく、「オンデマンド型」の人付き合いです。「個の時代」に生きる私たち現代人は、圧倒的に「オンデマンド型」の人付き合いのほうが合っていて、「固定型」の人付き合いは合わなくなってきているように思うのです。

次ページ束縛しないけど、心が離れてしまわない関係のコツ

恋愛氷河期

著者は、ナンパ禁止論や反・不倫論で話題を呼んでいるコラムニスト。男性から、かつ若手からの立場で、女性に厳しい社会に真っ向からダメ出しをする。

コスパ婚男子2
「守りたい女」は古い!今モテる「重くない…
エッチから始まる恋
エッチから始まる恋ってアリ?体が先の付き…
原田まりる
あなたと彼の相性は?“6つの恋愛観”から…
デリケートゾーンは見落としがち
アソコも老ける!下着の中まで若々しい女性…
♂&♀
sponsored
将来が不安!!
貯金って将来いくら必要?男より頼れる「お…
sekuhara
女性→男性のセクハラにも要注意「酔った女…

◆勝部元気

1983年東京都生まれ。早稲田大学社会科学部卒。コラムニスト・社会起業家。専門はジェンダー論、現代社会論、コミュニケーション論、教育論等。他にも幅広い知識習得に努めており、所持資格数は66個にのぼる(2015年6月現在)。雑誌・TV・web等でコメンテーター活動をしている他、働く女性の健康管理を支援するコンサルティング会社(株式会社リプロエージェント)の代表取締役CEOを務めるなど、各種ソーシャルビジネスに携わっている。ブログ(http://katsube-genki.com/blog/)は、男性なのに子宮頸がん予防ワクチンを打ったレポートが話題となった。twitterは@KTB_genki 。初の著書『恋愛氷河期』(小社刊)は発売中

この記者は、他にもこんな記事を書いています

▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse